石川 博 (Hiroshi Ishikawa)

石川 博 教授

Hiroshi ISHIKAWA

TOKYO METROPOLITAN UNIVERSITY

〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6

首都大学東京 システムデザイン学部情報通信システムコース

Eメール:ishikawa-hiroshi at tmu.ac.jp (atは英字の@に読み替えてください)
オフィス:1号館 研究室:2号館

学 歴

昭和 50年 4月1日東京大学理科一類入学
昭和 54年 3月28日東京大学理学部情報科学科卒業
平成 4年 5月25日東京大学大学院理学系研究科 博士(理学)号取得

職 歴

昭和 54年 4月1日株式会社富士通研究所入社(~平成12年3月31日)
平成 7年 4月1日群馬大学工学部非常勤講師(~平成14年3月31日)
平成 12年 4月1日東京都立大学大学院工学研究科 教授(~平成17年3月31日)
平成 15年 6月1日仏国ナント大学エコールポリテクニック 招聘教授(~平成15年6月30日)
平成 17年 3月1日仏国ナント大学エコールポリテクニック 招聘教授(~平成17年3月31日)
平成 17年 4月1日首都大学東京システムデザイン学部 教授(~平成18年3月31日)
平成 18年 4月1日静岡大学情報学部 情報科学科 教授(~平成25年3月31日)
平成 25年 4月1日首都大学東京システムデザイン学部 教授

主な研究業績

著書
  1. ワード②「ソーシャル・ビッグデータ」,石川 博,100万社のマーケティング2015年9月号,宣伝会議(寄稿),2015,9.
  2. Social Big Data Mining, Hiroshi Ishikawa,CRC Press, 263 pages,2015,4.
  3. ソーシャルビッグデータサイエンス入門,石川 博,コロナ社, 291頁,2014,7.
  4. データマイニングと集合知 ―基礎からWeb,ソーシャルメディアまで― ,石川 博・新美 礼彦・白石 陽・横山 昌平, 2012, 7.
  5. 集合知の作り方・活かし方 -多様性とソーシャルメディアの視点から,石川博,共立出版,232頁,2011,8.
  6. Emergent Web Intelligence: Advanced Semantic Technologies (Advanced Information and Knowledge Processing), Youakim Badr, Richard Chbeird, Ajith Abraham, Aboul-Ella Hassanien (Eds.), Emergent XML mining: Discovering an efficient mapping from XML instances to relational schemas (Chapter 12)(担当部分), Springer,2010,3
  7. データベース(情報工学レクチャーシリーズ),石川博,森北出版,208頁,2008,09.
  8. JavaScriptによるアルゴリズムデザイン オブジェクト指向からDB・Web・マイニングまで,石川博,培風館,2007,9.
  9. 次世代データベースとデータマイニング-DB&DMの基礎とWeb・XML・P2Pへの適用 IT TEXT,CQ出版社,323頁(単著),2005,4.
  10. e‐ビジネス技術入門教科書―ビジネスモデルと情報技術(IT) IT TEXT,CQ出版社,191頁(単著),2002,7.
  11. Database and Data Communication Network Systems: Techniques and Applications, Academic Press,Cornelius T. LEONDES (edit.),pp.77~122(担当部分),2002,8.
  12. 生産システム便覧,精密工学会(編),コロナ社,537~549頁(担当部分),1997,10.
  13. 実践SQL教科書,西尾章治郎(監修),209~242頁(担当部分),1996,5.
  14. オブジェクト指向データベース,日経BP社,日経BP編集部(編),pp.28~53(担当部分),1994,4.
  15. Object-Oriented Database System,Springer Verlag,182頁(単著),1993,10.
  16. コンピュートロール 特集 高度応用のためのデータベース,コロナ社,上林弥彦(監修),62~68頁(担当部分),1993,6.
  17. Applied Artificial Intelligence: A Sourcebook,McGraw-Hill,Stephen J. Andriole, Gerald W. Hopple (edit.),pp.421~440(担当部分),1992,6.
学術論文
  1. 惑星の位置関係に基づく深発月震分類のための特徴量の検討,加藤広大,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,Journal of Space Science Informatics Japan, Vol.7,  pp.43-52 (2018)
  2. Examination of Best-time Estimation for Each Tourist Spots by Interlinking using Geotagged Tweets, Masaki Endo, Shigeyoshi Ohno, Masaharu Hirotam, Daiju Kato, Hiroshi Ishikawa, Internetional Journal on Advanced in Systems and Measurements (IARIA)  Vol.10, No.3&4, pp.163-173 (2018)
  3. Measurement-based Cost Estimation Method for Multi-Table Join Operation in an In-Memory Database, Tsuyoshi Tanaka and Hiroshi Ishikawa, International Journal on Advances in Software, ISSN 1942-2628, Vol.10, No.3&4, pp.459–476 (2017)
  4. Best-time Estimation for Regions and Tourist Spots using Phenological Observations with Geotagged Tweets, Masaki Endo, Yoshiyuki Shoji, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, Internetional Journal of Infomatics Society (IJIS)  Vol.9, No.3, pp.109-117 (2017)
  5. 道路ネットワーク分析を用いた災害時における避難リスクの高い経路の可視化,菅野真生,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,DBSJ Journal Vol.15-J(2017)
  6. 深発月震源分類に適した機械学習法の研究,菊池栞,加藤広大,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,宇宙科学情報解析論文誌 第六号(2017)
  7. SVMによる深発月震分類のための有効な特徴量の分析,加藤広大,菊池栞,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,宇宙科学情報解析論文誌 第六号(2017)
  8. ツイート用いた生物季節観測の見頃推定手法による情報提供の検討,遠藤雅樹,三富恵佑,佐伯圭介,江原遥,廣田雅春,大野成義,石川博,観光情報学会誌(2016)
  9. Is It Possible for the First Three-Month Time-Series Data of Views and Downloads to Predict the First Year Highly-Cited Academic Papers in Open Access Journals?, Hiroshi Ishikawa, Masaki Endo, Iori Sugiyama, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, International Journal of Informatics Society (2016)
  10. 訪問地域における観光情報検索のための形態素N-gramとRIDFを利用した観光キーワードの抽出と分類の検討,遠藤雅樹,近藤拓也,佐伯圭介,廣田雅春,倉田陽平,大野成義,石川博,観光情報学会誌「観光と情報」(2016)
  11. Twitterデータを利用した訪日外国人の訪問先の言語別分析,佐伯圭介,遠藤雅樹,廣田雅春,倉田陽平,石川博,観光情報学会誌「観光と情報」,11巻,1号(2015)
  12. 動向に関する問いを対象とした検索エンジンの提案,高間 康史,加藤 優,桑折 章吾, 石川 博,人工知能学会論文誌,Vol. 30, No.1 (2015)(査読有)
  13. ソーシャルメディア上から収集したジオタグに基づく地理的特徴の抽出と評価, 大森 雅己,廣田 雅春,石川 博,横山 昌平, 情報処理学会論文誌データベース, Vol.8, No.1, pp.1-16, 2015-03-30.
  14. 動向に関する問いを対象とした検索エンジンの提案,高間 康史,加藤 優,桑折 章吾, 石川 博,人工知能学会論文誌,Vol. 30, No. 1, 2015
  15. 地域公共交通に適応したバスロケーションシステムの開発,情報処理学会論文誌,遠藤 雅樹, 品川 達郎, 山中 光定, 人見 功治郎, 高尾 和志, 大野 成義, 石川 博, データベース 第7巻2号,117-134,2014.06
  16. Frequency- and Content-Based Tag Cloud Font Distribution Algorithm, Ágnes Bogárdi-Mészöly, Takeshi Hashimoto, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, World Academy of Science, Engineering and Technology International Journal of Computer, Information, Systems and Control Engineering, Vol.8, No.5 (2014)
  17. ジオタグ付き写真を用いた土地被覆の分析と可視化, 大羽洋隆, 廣田雅春, 石川博(首都大学東京), 横山昌平, 日本データベース学会和文論文誌, Vol.13-J, No.1, 2014.10
  18. ジオタグ付き写真を用いた関心領域と撮影スポットの発見, 白井 元浩,廣田 雅春,石川 博,横山 昌平, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J97-D, No.4, pp.835-844,2014.04.01
  19. 波形の類似性を考慮した大規模月地震データのSOMによる可視化システム, 後藤康路, 山田竜平, 山本幸生, 横山 昌平, 石川 博, 宇宙航空研究開発機構研究開発報告 宇宙科学情報解析論文誌, Vol.3 ,pp.137-146,2014.03.31
  20. Tag and Topic Recommendation Systems, Agnes Bogardi-Meszoly, Andras Rovid, Hiroshi Ishikawa, Shohei Yokoyama, Zoltan Vamossym, Acta Polytechnica Hungarica, Journal of Applied Sciences, Vol. 10, No. 6, pp.171-191, 2013
  21. 高解像度フォトモザイク生成のための並列分散画像検索手法, 横山 昌平, 石川 博, 電子情報通信学会和文論文誌D, データ工学と情報マネジメント特集, Vol.J96-D No.5 pp.1290-1299, 2013.05, DOI: 10.12700/APH.10.06.2013.6.10
  22. 文脈的なつながりを考慮したツイート群の効果的な抽出・提示手法の実現, 青島 傳隼, 坂本 翼, 横山 昌平, 福田 直樹, 石川 博, 情報処理学会論文誌 データベース, Vol.6, No.2, pp. 61?84, 2013.03
  23. Masaharu Hirota, Naoki Fukuta, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa: “A Robust Clustering Method for Missing Metadata in Image Search Results”, Journal of Information Processing, Vol.53, NO.5, pp.525-530, 5・2012DOI
  24. インメモリDBへの適用に向けた実用的で安全な高並列オープンアドレスハッシュテーブル,新田淳,石川博,情報処理学会論文誌(データベース),Vol.5 No.3 pp.126-140,2012.
  25. A Robust Clustering Method for Missing Metadata in Image Search Results, Masaharu Hirota, Naoki Fukuta, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, Journal of Information Processing, Vol.53, NO.5, 2012
  26. リレーショナルデータベース管理システムにおける並列問合せ処理機構の開発,土田正士,河村信男,中野幸生,原憲宏,石川博,情報処理学会論文誌(データベース),Vol.4 No.2 pp.185-199,2011.
  27. オブジェクト・リレーショナルデータベース管理システムにおけるプラグイン機構の開発,土田正士,河村信男,中野幸生,原憲宏,石川博,情報処理学会論文誌(データベース),Vol.4 No.1 pp.50-63,2011.
  28. Webブラウザによる超高解像度可視化基盤の開発. 横山昌平, 石川博. 情報処理学会論文誌 Vol.52 No.1 pp.56-67(Jan. 2011)
  29. Constraint-based Clustering of Image Search Results Using Multiple Features, Masaharu Hirota, Naoki Fukuta, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, International Journal of Computer & Information Science, IJCIS, Vol.11, NO.4, pp.26-36, 2010
  30. SearchLife: 単語の特徴量を考慮した多視点クラスタリング検索エンジン,村松亮介, 福田直樹, 横山昌平, 石川博,情報処理学会論文誌(データベース), Vol.3, No.2, pp.123-137,2010.
  31. Web GISアプリケーションフレームワークrinzo.maの設計と応用,横山昌平,黒井星良,岡本章裕,石川博,情報処理学会論文誌(データベース), Vol.3,No.1, pp.82-95, 2010.
  32. 製造設備向けリアルタイムSQL生成ユニットの開発,渡部裕二,石川博,水野忠則,情報処理学会論文誌(データベース), Vol.2, No.2, pp.137-146, 2009.
  33. ブログの相互関係性を考慮したブログ記事分類手法の検討,鎌田基之,福田直樹,横山昌平,石川博,情報処理学会論文誌(データベース), Vol.2, No.2, pp.56-70,2009.
  34. Proposal and Evaluation of a Technique of Discovering XML Structures for Efficient Retrieval, Hiroshi Ishikawa, Hajime Takekawa, Kaoru Katayama, IADIS International Journal on WWW/Internet, Vol. 5, No. 1, pp. 80-97, ISSN: 1645-7641, 2007.
  35. Multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and oblique basis,Yasuo Yamane, Tadashi Hoshiai, Hiroshi Tsuda, Manabu Ohta, Kaoru Katayama and Hiroshi Ishikawa,Multimedia Tools and Applications,2006.
  36. Max Flow アルゴリズムを用いた Web ページのクラスタリング方法とその評価,大野成義,渡辺匡,片山薫,石川博,太田学,情報処理学会論文誌(データベース),Vol.47 No.SIG4 (TOD29) pp.65-75,2006.
  37. インクリメンタルに更新可能なXPushマシン, 武川肇,片山薫,石川博,情報処理学会論文誌(データベース), Vol. 46, TOD28, pp.116-128 ,2005.
  38. Galois Lattices as a Classification Technique for Image Retrieval, E. Loisant, J. Martinez, H. Ishikawa, K. Katayama,情報処理学会論文誌(データベース), Vol. 46, TOD28, pp.16-28 ,2005.
  39. 関係データベースを利用したXMLリポジトリのためのアクセス管理手法, 横山昌平,太田学,片山薫,石川博,情報処理学会論文誌(データベース), Vol. 46, TOD28, pp.86-102 2005.
  40. インクリメンタルに更新可能な状態遷移表を用いたXPushマシン, 武川肇,片山薫,石川博,日本データベース学会DBSJ Letters, Vol. 4, No. 2, pp.49~52,2005.
  41. Max Flow アルゴリズムによる Web ページのクラスタリング方法の提案, 大野成義,渡辺匡,片山薫,石川博,太田学,日本データベース学会DBSJ Letters, Vol. 4, No. 2, pp.13-16,2005.
  42. 斜交基底を用いたメタ検索におけるランクリストの統合方法の提案, 大野成義, 太田学, 片山薫, 石川博,電子情報通信学会論文誌D-I, Vol. J88-D-II, No. 3, pp.657-667, 2005.
  43. グラフの連結性に基づくMessmer らの部分グラフ同型判定手法の改良, 西村将太郎,片山薫,太田学,石川博,日本データベース学会DBSJ Letters, Vol. 4, No. 1, pp.129-132, 2005.
  44. 関係データベース上の階層関係をもつ妥当なXMLビューの設計法、武川肇、太田学、片山薫、石川博、情報処理学会論文誌(データベース)、第45巻TOD24号、pp.64-81 (2004年12月).
  45. 格文法を用いた複数文書融合手法、渡邊拓也,太田学,片山薫,石川博,日本データベース学会Letters,Vol.3, No.2, pp.97-100 (2004年9月).
  46. User-Adaptative Navigation Structure for Image Retrieval、E. LOISANT, H. ISHIKAWA, J. MARTINEZ, M. OHTA and K. KATAYAMA、日本データベース学会Letters、Vol.3, No.1, pp. 133-136 (2004年6月).
  47. XML文書管理におけるブランチを有するバージョン系列のための関係データベース構成法,横山昌平,太田学,片山薫,石川博,電子情報通信学会論文誌D-Ⅰ,Vol.J87-D-Ⅰ,No.2,pp.97-112 (2004年2月).
  48. ブランチ機能付き版管理に適した木構造のラベリング手法、横山昌平、太田学、片山薫、石川博、日本データベース学会Letters, Vol.2, No.1, pp.91-94 (2003年5月).
  49. Web Usage Mining Approaches to Page Recommendation and Restructuring 、Hiroshi ISHIKAWA, Manabu OHTA, Shohei YOKOYAMA, Junya NAKAYAMA, and Kaoru KATAYAMA、International Journal of Intelligent Systems in Accounting, Finance, and Management, vol.11, pp.137-148(2002).
  50. 負荷低減型P2Pネットワークの提案:安否情報検索への応用,中山淳也,太田学,片山薫,石川博,日本データベース学会DBSJ Letters,第1巻,第1号,pp.51-54 (2002年10月).
  51. A Decentralized XML Database Approach to Electronic Commerce,Hiroshi Ishikawa and Manabu Ohta ,IEICE Trans. Information and Systems, Vol. E84-D, No. 10, pp.1302-1312 (Oct. 2001).
  52. Designing A Language for Querying XML Data, H. ISHIKAWA, K. KUBOTA, and Y. KANEMASA, 情報処理学会論文誌(データベース), 第41巻, 第SIG3(TOD6)号,pp.1-12,2000.
  53. A Multimedia Database Approach to Document Warehousing, H. ISHIKAWA, K. KUBOTA and K. KATO, 情報処理学会論文誌(データベース), 第41巻, 第SIG3(TOD6)号,pp.145-159,2000.
  54. Prototype Multimedia Database System,H. ISHIKAWA, FUJITSU Scientific and Technical Journal,33-2,1997.
  55. An Object-Oriented Database System Jasmine: Implementation, Application, and Extension,H. Ishikawa, Y.Yamane, Y.Izumida, and N.Kawato, IEEE Trans. Knowledge and Data Engineering (TKDE),8-2,pp.285-304,1996.
  56. オブジェクト指向データベースにおけるバージョン管理モデルの設計と実装,吉沢直美,小野美由紀,石川博, 情報処理学会論文誌,37-4,pp.556-567,1996.
  57. The Design and implementation of an Interoperable database System based on scripts and Active Objects,H. Ishikawa, K.Kubota, and K.Kato, IEICE Trans. Inf. & Syst.,E78-D-11, pp.1396-1406,1995.
  58. A Next-Generation Database System for Advanced Multimedia Applications,H. Ishikawa, K.Kato, M.Ono, N.Yoshizawa, K.Kubota, and A.Kondo, IEICE Trans. Comm.,E78-B-7,pp.952-962,1995.
  59. An Object-Oriented Database System for Advanced Engineering Applications,H. Ishikawa, FUJITSU Scientific and Technical Journal,30-1,pp.40-68,1994.
  60. The Design and implementation of an object-oriented multimedia knowledge base management system,H. Ishikawa, F.Suzuki, F.Kozakura, A.Makinouchi, M.Miyagishima, Y.Izumida, M.Aoshima, and Y.Yamane, ACM Trans. Database Syst.(TODS),18-1,pp.1-50,1993.
  61. KID: Designing a knowledge-based natural language interface,H. Ishikawa, Y.Izumida, T.Yoshino, T.Hoshiai, and A.Makinouchi,IEEE Expert,2-2,pp.57-71,1997.
  62. 関係データベース管理システムRDB/V1,牧之内顕文,手塚正義,北上始,安達進,佐藤秀樹,泉田義男,中田輝生,石川博,情報処理学会論文誌,24-1,pp.47-55,1998.
国際会議論文
  1. Scale-free Dynamics of Human Behavior in Personal Computer Operations, Masashi Egi, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18), 2018.09
  2. Accelerating Analysis of Frequently Gathered Data with Continuous Density Based Clustering, Yasushi Miyata, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18), 2018.09
  3. Predicting User Gender on Social Media Sites Using Geographical Information, Rio Miura, Masaharu Hirota, Daiju Kato, Tetsuya Araki, Masaki Endo, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18), 2018.09
  4. Where Is the Memorable Travel Destinations?, Miho Toyoshima, Masaharu Hirota, Daiju Kato, Tetsuya Araki, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Social Informatics (SocInfo 2018), 2018.09
  5. Utilization of Information Interpolation using Geotagged Tweets, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa, ACM IUI 2018 Workshop User Interfaces for Spatial and Temporal Data Analysis (UISTDA2018) , 2018.3
  6. Analyzing Relationship of Words Using Biased LexRank from Geotagged Tweets, Takahito Tsuchida, Daiju Kato, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Tetsuya Araki and Hiroshi Ishikawa, the 9th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’17), 2017.11
  7. Analyzing Travel Behavior Using Multi-label Classification From Twitter, Kazuki Takahashi, Daiju Kato, Masaki Endo, Tetsuya Araki, Masaharu Hirota and Hiroshi Ishikawa, the 9th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’17), 2017.11
  8. Best-time estimation method by region and tourist spot using information interpolation, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, International Workshop on Informatics 2017,2017.9
  9. The partial sum dispersion problem on the line, Toshihiro Akagi, Tetsuya Araki, Shin-Ichi Nakano, Hiroshi Ishikawa, the 20th Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games(JCDCG^3 2017), 2017.8
  10. Multilingualization of Restaurant Menu by Analogical Description, Kensuke Nobumoto, Daiju Kato, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa, 9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities,2017.8
  11. A Data Model for Integrating Data Management and Data Mining in Social Big Data,Hiroshi Ishikawa, Richard Chbeir, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia,2017.4
  12. Examination of Best-time Estimation Using Interpolation for Geotagged Tweets, Masaki Endo, Shigeyoshi Ohno, Masaharu Hirota, Yoshiyuki Shoji, Hiroshi Ishikawa,The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia,2017.4
  13. Classification of Unlabeled Deep Moonquakes Using Machine Learning, Shiori Kikuchi, Ryuhei Yamada, Yukio Yamamoto, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa,The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia,2017.4
  14. Analysis of Spatial and Temporal Features to Classify the Deep Moonquake Sources Using Balanced Random Forest, Kodai Kato, Ryuhei Yamada, Yukio Yamamoto, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa,The Ninth International Conferences on
    Advances in Multimedia,2017.4
  15. Measurement-based Cost Estimation Method of a Join Operation for an In-Memory Database, Tsuyoshi Tanaka, Hiroshi Ishikawa,The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia,2017.4
  16. How to find accessible Free Wi-Fi at Tourist Spots in Japan, Keisuke Mitomi, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Yoshiyuki Shoji and Hiroshi Ishikawa, SocInfo 2016,2016.11
  17. Visualizing High-Risk paths using Geo-tagged Social Data for Disaster Mitigation, Masaki Kanno, Yo Ehara, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, and Hiroshi Ishikawa, 9th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Location-Based Social Networks (LBSN ’16),2016.11
  18. Live or Stay?: Classifying Twitter Users into Residents and Visitors, Masaharu Hirota, Keisuke Saeki, Yo Ehara and Hiroshi Ishikawa, International Conference on Knowledge Engineering and Semantic Web (KESW2016), Prague,Czech Republic,2016.09
  19. On Best Time Estimation Method for Phenological Observations using Geotagged Tweets, Masaki Endo, Yoshiyuki Shoji, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, International Workshop on Informatics (IWIN2016), Riga, Latvia, 2016.08
  20. Inferring Tourist Behavior and Purposes of a Twitter User, Yuya Nozawa, Masaki Endo,Yo Ehara, Masaharu Hirota, Syohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, Artificial Intelligence for Tourism (AI4Tourism), Phuket Thailand, 2016.08
  21. Can three-month time-series data of views or downloads predict the highly-cited academic papers in open access journals? Hiroshi Ishikawa, Masaki Endo, Iori Sugiyama, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, International Workshop on Informatics (2015)
  22. EBSCAN: An Entanglement-based Algorithm for Discovering Dense Regions in Large Geo-social Data Streams with Noise, Shohei Yokoyama, Ágnes Bogárdi-Mészöly, Hiroshi Ishikawa, 8th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Location-Based Social Networks (LBSN 2015), Hyatt Regency Bellevue Hotel(Seattle, Washington, USA), 2015.11
  23. Visualizing Shooting Spots using Geo-tagged Photographs from Social Media Sites, Masaharu Hirota, Masaki Endo, Shohei Yokoyama and Hiroshi Ishikawa, 15th international conference on extraction and knowledge management (EGC 2015),ルクセンブルグ, 2015.01.27-30
  24. Introduction of Search Engine Focusing on Trend-related Queries to Market of Data,Yanjun Zhu, Yasufumi Takama, Yu Kato, Shogo Kori, Hiroshi Ishikawa , Koichi Yamaguchi, MoDAT (Workshop in ICDM2014), 2014.12
  25. Towards Better Land Cover Classification Using Geo-Tagged Photographs, Hirotaka Oba, Masaharu Hirota, Richard Chbeir(IUT de Bayonne et du Pays Basque), Hiroshi Ishikawa, and Shohei Yokoyama, IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2014), 台湾・台中,2014.12.10
  26. Extracting a Chinese Learner Corpus from the Web: Grammatical Error Correction for Learning Chinese as a Foreign Language with Statistical Machine Translation. Yinchen Zhao, Mamoru Komachi and Hiroshi Ishikawa. In Proceedings of the 22nd Conference on Computers in Education. Nara, Japan, November 2014
  27. An Image Estimation Method by Header Information in JPEG 2000 Code streams and its Application to Image Identification, Katsuma TAKIMOTO , Toshiyuki DOBASHI, Hiroshi ISHIKAWA, and Hitoshi KIYA, Proc. IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems, Okinawa, Japan, 18th November, 2014.
  28. Can Geo-tags on Flickr Draw Coastlines?, Masaki Omori, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa, Shohei Yokoyama, International Conference on Advances in Geographic Information Systems (ACM SIGSPATIAL 2014), 米国・ダラス, 2014.11.05
  29. Proposal of Time Series Data Retrieval with User Feedback, Chengzhu Yin, Hiroshi Ishikawa, Yasufumi Takama, GrC2014, pp. 358-361, 2014.10
  30. Detecting Relations of Hotspots using Geo-tagged Photographs in Social Media Sites, Masaharu Hirota, Motohiro Shirai, Hiroshi Ishikawa and Shohei Yokoyama, First international acm workshop on managing and mining enriched geo-spatial data In conjunction with ACM SIGMOD/PODS 2014, Snowbird USA, 2014.06.27
  31. Frequency- and Content-Based Tag Cloud Font Distribution Algorithm, Ágnes Bogárdi-Mészöly, Takeshi Hashimoto, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, International Conference on Computer Science and Information Engineering, 2014
  32. Social big data science: From transaction mining to interaction mining, Hiroshi Ishikawa, 6th Korean Japan Database Workshop, 2014.02 (invited)
  33. A method of area of interest and shooting spot detection using geo-tagged photographs, Motohiro Shirai, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa and Shohei Yokoyama, ACM SIGSPATIAL Workshop on Computational Models of Place 2013 at ACM SIGSPATIAL GIS 2013, Orlando USA, 2013.11.5
  34. SOM-based Visualization for Classifying Large-scale Sensing Data of Moonquakes, Yasumichi Goto, Ryuhei Yamada, Yukio Yamamoto, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, 4th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems, Compienue France, 2013.10.30
  35. Topic Recommendation from Tag Clouds, Agnes Bogardi-Meszoly, Andras Rovid, Hiroshi Ishikawa, The Second International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software, 2012
  36. Towards an Integrated Framework for Analyzing and Utilizing Social Big Data and its Efficient Execution, Hiroshi Ishikawa, 7th Korea-Japan Database Workshop 2012, 2012. 【招待講演】
  37. Discovering Multiple HotSpots using Geo-tagged Photographs, Motohiro Shirai, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Naoki Fukuta, Hiroshi Ishikawa, 20th ACM SIGSPATIAL International Conference on Advances in Geographic Information Systems, 2012, 11 (California, America)
  38. RERANKING IMAGE SEARCH RESULT BASED ON PHOTOGRAPHIC QUALITY ASSESSMENT WITHOUT IMAGE FEATURES, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Naoki Fukuta, Hiroshi Ishikawa, IADIS WWW/Internet 2012 Conference, 2012, 10 (Madrid, Spain)
  39. An Improved Font Distribution Algorithm for Tag Clouds,Agnes Bogardi-Meszoly, Andras Rovidy, Hiroshi Ishikawa,6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, 2012, 11 (Kobe)
  40. Algorithms to Improve Tag Clouds,Agnes Bogardi-Meszoly, Andras Rovidy, Hiroshi Ishikawa,5th International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology, 2012, 11 (Himeji)
  41. Social media analytics in the age of big data, Hiroshi Ishikawa, Intl. Conf. on Global Research and Education(Inter-Academia 2012)【招待講演】 (2012)
  42. Implementing Constraint-based Clustering for a Photo Search System Using Estimated Metadata,Masaharu Hirota, Naoki Fukuta, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, 2nd International Symposium on Applied Informatics,2011
  43. Parallel Distributed Rendering of HTML5 Canvas Elements, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, The Eleventh International Conference on Web Engineering (ICWE 2011),Pafos Cyprus, 2011
  44. XBeGene: Scalable XML Documents Generator By Example Based on Real Data, Manami Harazaki, Joe Tekliz, Shohei Yokoyama, Naoki Fukuta, Richard Chbeir and Hiroshi Ishikawa, International Conference on Data Engineering and Internet Technology (DEIT 2011), 2011
  45. Creating Decomposable Web Applications on High-resolution Tiled Display Walls, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, IADIS International Conference WWW/INTERNET 2010 (ICWI2010), Timisoara Romania, 2010
  46. Proposal of Spatiotemporal Data Extraction and Visualization System Based on Wikipedia for Application to Earth Science, Akihiro Okamoto, Shohei yokoyama, Naoki Fukuta, Hiroshi Ishikawa, 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2010) (Special Session), pp.651-656, 2010
  47. Constraint-based Clustering of Image Search Results Using Photo Metadata and Low-level Image Features, Masaharu Hirota, Shohei yokoyama, Naoki Fukuta, Hiroshi Ishikawa, 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2010) (Special Session), pp.165-178, 2010
  48. FREDDY: A Web Browser-friendly Lightweight Data-Interchange Method Suitable for Composing Continuous Data Streams, Shohei Yokoyama, Isao Kojima and Hiroshi Ishikawa, ComposableWeb’09 Workshop, pp.39-50, 2009.
  49. ON THE EFFECTIVENESS OF THE EXTENDED ANCHOR TEXTES ENHANCED WITH THE EXPONENTIAL POTENTIAL AND HYPERLINKS IN BLOGSPACE CLUSTERING AND WEB RECOMMENDATION, Hiroshi Ishikawa,Masashi Tsuchida and Hajime Takekawa, Proc, IADIS Intenational Conference WWW/Internet, 2008 (Oct., 2008).
  50. Clustering blog entries based on the hybrid document model enhanced by the extended anchor texts and co-referencing links, Hiroshi Ishikawa, Masashi Tsuchida, Hajime Takekawa, Proc.The European Conference on Machine Learning and Principles and Practice of Knowledge Discovery in Databases(ECML PKDD 2008) Workshop:Wikis,Blogs,Bookmarking Tools -Mining The Web 2.0&Discovery Challenge,2008.
  51. XML technologies from a database perspective: XML, Database, and Data Mining (Invited tutorial speech),Hiroshi Ishikawa, IEEE International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2007), 2007.
  52. Incrementally-Updatable Stream Processors for XPath Queries based on Merging Automata via Ordered Hash-keys, Hajime Takekawa, Hiroshi Ishikawa, Proc. 18th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2007) W01 – XANTEC’07, pp.40-44, 2007
  53. Proposal and Evaluation of a Technique of Discovering XML Structures for Efficient Retrieval, Hiroshi Ishikawa, Hajime Takekawa And Kaoru Katayama, Proc. IADIS International Conference WWW/Internet 2006, pp.142-153, 2006.
  54. On Mining XML Structures Based On Statistics, H. Ishikawa, S. Yokoyama, M. Ohta, K. Katayama,Proc.9th International Conference on Knowledge-Based & Intelligent Information & Engineering Systems (KES2005), pp.379-390, 2005.
  55. Semantic Image Retrieval Based On Ontology and Relevance Model: A Preliminary Study, E. W. Maina, M. Ohta, K. Katayama, H. Ishikawa, Proc. Third Special Workshop on Multimedia Semantics, pp.12-19, 2005.
  56. An Access Control Method Based on the Prefix Labeling Scheme for XML Repositories ,Shohei Yokoyama, Manabu Ohta, Kaoru Katayama and Hiroshi Ishikawa、The Sixteenth Australasian Database Conference (ADC2005), Vol.27, No.2, pp.105-113 (Feb. 2005).
  57. A Peer-to-Peer Approach to Parallel Association Rule Mining,Hiroshi Ishikawa, Yasuo Shioya, Takeshi Omi, Manabu Ohta and Kaoru Katayama,Proc. 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2004), pp.178-188 (Sept. 2004).
  58. Multi-Vector Feature Space Based On Pseudo-Euclidean Space and Oblique Basis for Similarity Search of Images(CVDB),Y. YAMANE, T. HOSHIAI, H. TSUDA, K. KATAYAMA, M. OHTA, H. ISHIKAWA, Proc. 1st International Workshop on Computer Vision meets Databases, pp.27-34 (June 2004).
  59. Overlapping clustering methods for a Japanese meta search engine , Manabu OHTA, Hirokazu NARITA, Kaoru KATAYAMA, and Hiroshi ISHIKAWA, Proc. IASTED International Conference on Databases and Applications (DBA2004), pp.100-106 (Feb. 2004).
  60. Information Retrieval by Navigation, Erwan LOISANT, Jose MARTINEZ((Nantes Univ.), Hiroshi ISHIKAWA, Manabu OHTA, and Kaoru KATAYAMA, Proc. Symposium on Science and Technology 2003, Embassy of France in Japan (Nov. 2003).
  61. Active Knowledge Mining for Intelligent Web Page Management, Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta, Shohei Yokoyama, Takuya Watanabe and Kaoru Katayama, Proc. 7th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2003), pp. 975-983 (Sept. 2003).
  62. Toward Active Web Usage Mining for Page Recommendation and Restructuring, Hiroshi ISHIKAWA, Manabu OHTA, Shohei YOKOYAMA, Takuya WATANABE, and Kaoru KATAYAMA, Proc. International Conference on Knowledge Management(I-KNOW ’03), pp.492-499 (July 2003).
  63. Web Usage Mining for Actionable Knowledge, Hiroshi ISHIKAWA, Manabu OHTA, Shohei YOKOYAMA, Takuya WATANABE, and Kaoru KATAYAMA, Proc. International Workshop on Data Mining for Actionable Knowledge (DMAK’2003) in conjunction with PAKDD’2003 (April 2003).
  64. Next-Generation Web Technology and Database Issues, Hiroshi Ishikawa, Panel, 8th International Conference on Database Systems for Advanced Applications (Mar. 2003).
  65. Web Usage Mining Approaches to Page Recommendation and Restructuring, Hiroshi ISHIKAWA, Manabu OHTA, Shohei YOKOYAMA, Junya NAKAYAMA, and Kaoru KATAYAMA, Proc. International Workshop AI for Intelligent Business, pp.39-53 (Dec. 2002).
  66. Designing a Model-independent Multimedia Database, Erwan LOISANT, Hiroshi ISHIKAWA, and Jose MARTINEZ, Proc. Symposium on Science and Technology 2002, Embassy of France in Japan (Nov. 2002).
  67. On The Effectiveness of Web Usage Mining for Page Recommendation and Restructuring, Hiroshi ISHIKAWA, Manabu OHTA, Shohei YOKOYAMA, Junya NAKAYAMA, and Kaoru KATAYAMA, Proc.2nd Annual International Workshop of the Working Group “Web and Databases” of the German Informatics Society (Oct. 2002).
  68. An Active Web-based Distributed Database System for e-Commerce, H.Ishikawa, M. Ohta, Proc. Intl. Workshop on the Web Dynamics (in conjunction with ICDT), 2001.
  69. An XML-Based Approach to Web-Commerce: Business Modeling, Distributed Processing, and Data Compression, Hiroshi Ishikawa, Shohei Yokoyama and Manabu Ohta, Proc. of 1st International Workshop on Multimedia Laboratory over Internet (Oct. 2001).
  70. Project Xanadu: XML- and Active-Database-Unified Approach to Distributed E-Commerce, Hiroshi Ishikawa, Shohei Yokoyama, Seiji Isshiki and Manabu Ohta, Proc. of 12th International Workshop on Database & Expert Systems Applications, pp. 833-837 (Sep. 2001).
  71. Document Warehousing: A Document-Intensive Application of A Multimedia Database, Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta and Koki Kato, Proc. IEEE Eleventh International Workshop on Research Issues in Data Engineering: Document Management for Data Intensive Business and Scientific Applications, pp.25-31 (Apr. 2001).
  72. A Decentralized XML Database Approach to Electronic Commerce,Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta,Fifth International Symposium on Autonomous Decentralized Systems(ISADS 2001),pp.153-160,2001.
  73. Querying web distributed databases for XML-based E-businesses: requirement analysis, design, and implementation,Hiroshi Ishikawa, Manabu Ohta,Proc. Twelfth Australasian Database Conference (ADC 2001),pp.60-67,2001.
  74. The Design of a Query Language for XML Data,Hiroshi Ishikawa, Kazumi Kubota, Yasuhiko Kanemasa, Yasuo Noguchi, Proc. International Workshop on Database & Expert Systems Applications,pp.919-922,1999.
  75. Document Warehousing Based on a Multimedia Database System,H. Ishikawa, K Kubota, Y. Noguchi, K. Kato, M. Ono, N.Yoshizawa, and Y. Kanemasa, Proc. IEEE Intl. Conf. Data Engineering (ICDE), pp.168-173,1999.
  76. XQL: A Query Language for XML Data,Hiroshi Ishikawa, Kazumi Kubota, Yasuhiko Kanemasa, Proc.W3C Workshop on Query Languages(QL 1998), 1998.
    • 関連書籍:Melton,Buxton著:Querying Xml: XQuery, XPath, and SQL/XML in Context,Morgan Kaufmann(芝野監訳,土田,小寺,山本訳:標準講座XQuery,翔泳社),10章に国内で唯一引用される.
  77. Hiroshi Ishikawa, Kazumi Kubota, Yasuo Noguchi, Koki Kato, Miyuki Ono, Naomi Yoshizawa, Akiko Kanaya: A Document Warehouse: A Multimedia Database Approach. Proc. International Workshop on Database & Expert Systems Applications, pp.90-94, 1998.
  78. An Extended Object-Oriented Database Approach to Networked Multimedia Applications,H. Ishikawa, K. Kato, M. Ono, N. Yoshizawa, K. Kubota, and A. Kanaya, Proc. IEEE Intl. Conf. Data Engineering (ICDE), pp.259-266,1998.
  79. An Extended Object-Oriented Approach to a Multimedia Database System for Networked Applications,Hiroshi Ishikawa, Koti Kato, Miyuki Ono, Naomi Yoshizawa, Kazumi Kubota, Akiko Kanaya,Proc. International Workshop on Database & Expert Systems Applications, pp.100-105, 1997.
  80. A Next-Generation Industry Multimedia Database System,H. Ishikawa, K. Kato, M. Ono, N. Yoshizawa, K. Kubota, and A. Kondo, , Proc. IEEE Intl. Conf. Data Engineering (ICDE), pp.364-371,1996.
  81. An Active Object-Oriented Database: A Multi-Paradigm Approach to Constraint Management, H. Ishikawa, and K. Kubota, Proc. Intl. Conf. Very Large Data Bases (VLDB), VLDB endowment, pp.467-478, 1993.
解説論文
  1. 石川 博,ビッグデータ時代のデータサイエンティストに求められる能力と知識,電子情報通信学会誌Vol.97 No.9 pp.817-819, 2014
  2. 石川 博:データベース2.0あるいはデータベースシステム研究会の今,情報処理学会誌, vol.48, No.1,pp.70-71,2007.
  3. インターネットビジネスをモデルから理解する,石川 博,情報処理学会誌, 41-10, pp.1142-1149,2000.
  4. XMLとデータベース,石川博,情報処理学会誌,41-1,pp.68-73,2000.
  5. コンカレントエンジニアリングは役に立つか,加藤光幾,石川博,情報処理学会誌,36-8, pp.691-697, 1995.
  6. アクティブデータベース,石川博,情報処理学会誌,35-2, pp.120-129, 1994.
  7. エンジニアリング業務とオブジェクト指向データベース,石川博,泉田義男,川戸信明,情報処理学会誌,32-5, pp.593-601, 1991.
口頭発表
  1. ⽉極域探査における着陸誤差に対してロバストな着陸地点選定⼿法: 中島 康平, 井上 博夏, ⼭本 光⽣, ⼭本 幸⽣, ⼤嶽 久志, 荒⽊ 徹也, 廣⽥ 雅春 , ⽯川 博, 第19回宇宙科学シンポジウム (2019. 1)
  2. 深層学習を⽤いた⽉⾯の⾼解像度DEMの⽣成: ⼩野寺 康祐, 井上 博夏, ⼭本 光⽣, ⼭本 幸⽣, ⼤嶽 久志, 荒⽊ 徹也, 廣⽥ 雅春 , ⽯川 博, 第19回宇宙科学シンポジウム (2019. 1)
  3. Flickr と Google Cloud Vision API を用いた地域活性化度合いの分析: 廣津卓磨,遠藤雅樹,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,石川博,第15回観光情報学会 全国大会 (2018.6,7)
  4. 口コミサイトにおける有益なレビューの特徴の分析: 光井孝志,廣田雅春,加藤大受,遠藤雅樹,荒木徹也,石川博,第15回観光情報学会 全国大会 (2018.6,7)
  5. 加藤大受、荒木徹也、廣田雅春、石川博:SNS データを活用した訪日外国人の観光情報分析サービスの提供,サービス学会第6回国内大会 (2018.3)
  6. 廣田雅春,遠藤雅樹,加藤大受,石川博:ソーシャルビッグデータを利用したホットスポットの分析,サービス学会第6回国内大会 (2018.3)
  7. 三浦理緒,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博:マイクロブログのジオタグを用いた訪問地の違いに着目したユーザ性別推定手法の提案,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  8. 藤井慎太郎,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博:ジオタグ付き写真を用いたユーザの属性による撮影対象物の差異の分析,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  9. 光井孝志,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博:トピックを用いた地域ごとの言語による反応の差異の分析,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  10. 鈴木亮平,伊藤雅博,廣田雅春,荒木徹也,石川博:不連続なセッションで構成されたウェブアクセスログデータを用いたコンテンツ間の関連性の分析,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  11. 荒木徹也,加藤大受,吉田千鶴,廣田雅春,遠藤雅樹,石川博:ソーシャルビッグデータを活用した観光行動分析の実証実験,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  12. 原聡志, 山本幸生, 荒木徹也, 廣田雅春, 石川博:かぐやDEMを用いた, 機械学習による中央丘クレーター識別, 平成29年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2018.2)
  13. 豊島美穂, 石川博, 荒木徹也, 廣田雅春, 遠藤雅樹, 加藤大受:外国人旅行者のTwitterへの投稿を用いた期待を裏切るスポットの発見,第14回観光情報学会 全国大会 (2017.7)
  14. 遠藤雅樹, 荒木徹也, 廣田雅春, 大野成義, 石川博:情報補間を用いた観光スポット別の見頃推定手法の検討,第14回観光情報学会 全国大会 (2017.7)
  15. 高野悠作, 石川博, 荒木徹也, 廣田雅春, 遠藤雅樹, 加藤大受:観光地における移動軌跡の曲率分析,第14回観光情報学会 全国大会 (2017.7)
  16. 豊島美穂,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博:マイクロブログの極性の差に着目した期待を裏切るスポットの発見,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  17. 伊藤貴明,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博:マイクロブログにおける「聖地巡礼」行動の分析,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  18. 高野悠作,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博:撮影軌跡の曲率による観光スポットの分析,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  19. 高木有人,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,横山昌平,石川博:ジオタグ付き写真の撮影順序に着目した関心領域と撮影スポットの発見,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  20. 藤井慎太郎,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博:ジオタグ付き写真を用いた意外な写真を撮影できる外れ値的な撮影条件の発見,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  21. 三浦理緒,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博:相互再帰的クラスタリングによる場所と来訪者のベクトル表現,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  22. 信本健輔,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博:アナロジーによる飲食店メニューの国際的な表記方式の提案とその自動生成,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  23. 菊池栞,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博:Neural Network を用いた深発月震源の推定,平成28年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2017.2)
  24. 加藤広大,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博:Balanced Random Forest を用いた深発月震分類のための時空間特徴量の分析,平成28年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2017.2)
  25. 高橋一希,遠藤雅樹,加藤大受,廣田雅春,莊司慶行,石川博:経由地としての東京 -マイクロブログを用いた旅行者の東京都内での行動分析-,第13回観光情報学会 全国大会 (2016.7)
  26. 遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,横山昌平,大野成義,石川博:位置情報付きツイートを利用した桜の地域別見頃推定結果の比較,第13回観光情報学会 全国大会 (2016.7)
  27. 土田崇仁,遠藤雅樹,加藤大受,廣田雅春,莊司慶行,石川博:Word2Vec を用いた地域の特性分析,第13回観光情報学会 全国大会 (2016.7)
  28. 櫻川直洋,廣田雅春,石川博,横山昌平,ジオタグ付き写真を用いた撮影スポットの性質を可視化するシステムの提案,第7回ソーシャルコンピューティングシンポジウム (2016.6)
  29. 遠山由自,廣田雅春,石川博,横山昌平:地理的・時間的観点を考慮したジオタグ付きツイートの偏在性及び遍在性の可視化,ARG 第8回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (2016.6)
  30. 廣田雅春,菅野真生,石川博:減災のためのソーシャルメディアを用いた避難経路の可視化,第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (2016.5)
  31. 野沢悠哉,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:マイクロブログを用いたユーザの訪問目的と動向の推定,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.2)
  32. 菅野真生,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:道路ネットワーク分析を用いた災害時における避難リスクの高い経路の可視化,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  33. 高木有人,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:ジオタグ付き写真の撮影順序を考慮したホットスポットの分析,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  34. 三富恵佑,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:外国人にアクセシブルなFreeWiFiがない観光スポットの発見,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  35. 伊藤貴明,遠藤雅樹,加藤大受,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:Twitterを用いた駅イベント検出,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.2)
  36. 高橋一希,加藤大受,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:マイクロブログユーザの地域による嗜好の違いの分析,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  37. 菊池栞,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博:月震分類に適した機械学習手法の検討,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  38. 加藤広大,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博:既存月震分類の機械学習を用いた妥当性の検証,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  39. 土田崇仁,遠藤雅樹,加藤大受,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:Word2Vecを用いた地域やランドマークの意味演算,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  40. 田中剛,石川博:ジョイン方式選択の精度向上をめざしたデータベース問い合わせ処理におけるCPU処理コスト計算方法の検討とその評価,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  41. 竹内翔太郎,廣田雅春,石川博,横山昌平:サイクリングのための難易度と寄り道を考慮したルート推薦システムの実装,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.2)
  42. 櫻川直洋,廣田雅春,石川博,横山昌平:ジオタグ付き写真を用いたイベントとその穴場スポットの発見,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  43. 井上貴弘,廣田雅春,石川博,横山昌平:ジオソーシャルデータを用いたフォトストリームの分割とホットスポットの関連づけ,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  44. 鈴木祥平,池田拓生,倉田陽平,石川博:Twitterのユーザプロフィールを用いた観光地の類型化,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  45. 池田拓生,倉田陽平,石川博:観光における協創の展開に関する研究,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  46. 倉田陽平,鞠山彩実,石川博:Flickr画像を用いた観光空間内の写真撮影行動の来訪者類型別比較-浅草を例として-,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  47. 加藤広大,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博:これまでの月震分類は正しいのか?〜機械学習の視点から見た妥当性,平成27年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2016.1)
  48. 菊池栞,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博:月震の震源域を推定する機械学習手法の検討,平成27年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2016.1)
  49. 田中剛,石川博,CPUアーキテクチャを考慮した性能モデルの導入によるデータベース高速化のためのコスト計算精度向上,電子情報通信学会コンピュータシステム研究会,(2016.1)
  50. 近藤拓也,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:公共データ間の関係性抽出のための属性分類手法の提案,第162回データベースシステム研究発表会(2015.11)
  51. 佐伯圭介,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博:日本での滞在期間による長期滞在外国人の東京での訪問先の差異の分析,第162回データベースシステム研究発表会(2015.11)
  52. 遠山由自,廣田雅春,石川博,横山昌平:ソーシャルメディア上に投影された情報の偏在性及び遍在性の可視化,ARG 第6回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(Wi2)(2015.6)
  53. 佐伯圭介,加藤大受,石川博 : 北陸地方における訪日外国人の訪問先の可視化,観光情報学会 第12回全国大会(2015.6)
  54. 遠藤雅樹,山中光定,廣田雅春,大野成義,石川博:位置情報付きツイートを利用した地域ごとのトレンド分析手法の検討,観光情報学会第12回全国大会(2015.6)
  55. 廣田雅春,遠藤雅樹,倉田陽平,石川博:Flickrを用いた北陸新幹線開業前後の分析,観光情報学会第12回全国大会(2015.6)
  56. 三富恵佑,廣田雅春,遠藤雅樹,石川博:SNS を用いた公共交通機関が及ぼす観光客数変動の分析,観光情報学会第12回全国大会(2015.6)
  57. 三富恵佑, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 倉田陽平, 横山昌平, 石川博 : マイクロブログを用いた英語圏ユーザの日本食に対する印象の分析, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  58. 近藤拓也, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 横山昌平, 石川博 : OpenDataの利活用を推進する地方公共団体のWebサイトからの表データ抽出手法の提案, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  59. 佐伯圭介, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 倉田陽平, 横山昌平, 石川博 : 外国人Twitterユーザの観光訪問先の属性別分析, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  60. 山田匠, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : メタデータを利用した風景写真の時系列変化を効果的に閲覧するための世界地図インタフェース, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  61. 青山賢, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : ジオタグ付き写真を用いた知名度が低いにもかかわらず興味の度合いが高い寄り道候補の発見, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  62. 小松雅弥, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : ジオタグ写真を用いたユーザの訪問地のカテゴリ推定に基づくユーザの移動への意味付け, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  63. 櫻川直洋, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : ジオタグ付き写真の撮影者を在住者と観光者に分類することによるホットスポットの発見, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  64. 菅野真生, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 横山昌平, 石川博 : 災害時の密集地からの避難行動による混雑場所の可視化システムの提案, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  65. 藤森雅人, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : 紙媒体と電子媒体を行き来可能なコースウェアの実装, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  66. 遠藤雅樹, 廣田雅春,倉田陽平,横山昌平,大野成義,石川博 : 生物季節観測のための位置情報付きマイクロブログの分析手法の検討, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  67. 高木有人, 遠藤雅樹,廣田雅春,倉田陽平,横山昌平,石川博 : ジオタグ付き写真を用いたホットスポットを訪問する前後のユーザ行動の分析, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  68. 倉田陽平, 相尚寿,石川博,真田風,池田拓生 : 時間帯別観光ポテンシャルマップ作成のためのFlickr写真データの時刻補正と選別, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  69. 岩佐祐樹, 廣田雅春,石川博,横山昌平 : ソーシャルメディア上に投影されたイベントの周期性の発見とそれに基づいた写真閲覧システムの提案, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  70. 石川博,ソーシャル・ビッグデータ~そのコンセプトとインパクト,ソーシャルビッグデータの研究,東京都立産業技術研究センター研究成果発表会,2014
  71. 遠藤 雅樹,佐伯 圭介,近藤 拓也,大野 成義,石川 博,位置情報付きツイートのトレンド分析を利用した生物季節観測,第160回DBS・第131回OS・第35回EMB合同研究発表会
  72. 石川博,首都大学東京産学公連携センター・りそな中小企業振興財団,技術懇親会“ソーシャルビグデータの活用と可視化”(招待講演),2014
  73. 井上貴弘,廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : コンテキストに基づいたフォトストリームの分割を支援するジオタグ軌跡の集約的分析, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  74. 遠藤雅樹,横山昌平, 大野成義, 石川博 : 特定地域に限定しない観光キーワードの自動抽出, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  75. 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : ジオタグ付き写真を用いた写真の撮影方向の推定手法, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  76. 近藤拓也, 村山敬祐, 杉山いおり, 遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博 : 地方公共団体のオープンデータ化に向けたwebページ間の関係性抽出技法の提案, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  77. 杉山いおり,遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博 : オープンアクセス・ジャーナルの時系列データクラスタリングによる高被引用学術文献推定方法の検討, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  78. 大森雅己, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : Flickrは海岸線を描けるか?, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  79. 青山賢, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : 写真に付与されたジオタグに基づいた道草発見, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  80. 白井元浩, 廣田 雅春, 石川博, 横山昌平 : ジオタグ付き写真を用いたホットスポットの分類と関連の抽出, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  81. 佐伯 圭介, 村山敬祐, 遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博 : 外国人向け観光プロモーション支援のためのソーシャルメディア分析手法の研究, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  82. 村山敬祐, 佐伯圭介, 遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博 : マイクロブログマイニングによるイベント時の駅混雑原因の特定と状況の把握, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  83. 大羽洋隆, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平 : ジオタグ付き写真を用いた土地被覆の分析と可視化, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  84. 後藤康路,山田竜平,山本 幸生,石川博,横山昌平 : 階層型SOMに基づいた大規模月地震波形の可視化システム, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  85. 大羽洋隆,廣田雅春,横山昌平,石川博:ジオタグ付き写真を用いた地図の彩色システムの構築,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  86. 大森雅己,廣田雅春,横山昌平,石川博:タグの時空間情報を考慮したジオタグ付き写真の可視化システムの開発,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  87. 野呂勇太,廣田雅春,横山昌平,石川博:マイクロブログにおけるハッシュタグ自動付与システムの提案,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  88. 白井元浩,廣田雅春,横山昌平,石川博:ジオタグ付き写真を用いたホットスポットの分類とランドマークの形状抽出手法,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  89. 粟立軍,廣田雅春,横山昌平,石川博: マイクロブログにおけるクラスタリング技術の比較,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  90. 坂本翼,廣田雅春,横山昌平,石川博:Twitterの多様なハッシュタグ間の同義・階層関係の推定,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  91. 武藤教宏,廣田雅春,横山昌平,石川博:GPUを用いたグラフデータ分割手法,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  92. 川端智久,白井靖人,石川博:Twitterハッシュタグの自律的な組織化について,第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2013)(2013.3)
  93. 後藤康路,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博:波形の類似性を考慮した大規模月地震データの可視化システムの実装,平成24年度 宇宙科学情報解析シンポジウム(2013.2)
  94. 原木司,廣田雅春,横山昌平,石川博:道路ネットワークを用いたGPS軌跡の特徴点を保持する圧縮アルゴリズムの提案,ARG 第1回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(ARG WI2 2012)(2012.12)
  95. 後藤康路,油井誠,横山昌平,小島功,石川博:MapReduceによる確率的勾配降下法を用いた広告クリック率予測の実践,第155回データベースシステム研究発表会(2012.11)
  96. 新田淳,石川博:ディスク共用DBクラスタに向けた分散ロックマネジャ,第154回データベースシステム研究発表会(2012.8)
  97. 後藤康路,廣田雅春,横山昌平,福田直樹,石川博:MapReduceを用いた並列SOMの高速化手法の提案,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012)(2012.3)
  98. 白井元浩,廣田雅春,横山昌平,福田直樹,石川博:ジオタグ付き写真を用いたランドマークの多視点再現システム,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012)(2012.3)
  99. 玉井孝典,廣田雅春,横山昌平,福田直樹,石川博:研究者間コラボレーションを促進する超高解像度WebGIS,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012)(2012.3)
  100. 坂本翼,廣田雅春,横山昌平,福田直樹,石川博:Twitterストリームのバーストの断続性に着目したキーワード抽出,第4回データ工 学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012)(2012.3)
  101. 原木司,廣田雅春,横山昌平,福田直樹,石川博:移動情報タグ生成システムにおける加速度センサを用いた消費電力削減手法の提案,第4回データ工 学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2012) (2012.3)
  102. 武藤教宏,廣田雅春,横山昌平,福田直樹,石川博:GPUとCPUの並列処理に適したXMLインデクス生成と検索手法,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012)(2012.3)
  103. 江田政聡,賀新剛,横山昌平,福田直樹,峰野博史,石川博:赤外線センサを用いた在席推定に基づく証明制御手法の提案,第4回データ工 学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012)(2012.3)
  104. 中根傑,江田政聡,横山昌平,福田直樹,峰野博史,石川博:WebSocketを用いた大規模センサデータストリームの可視化システムの開発,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2012)(2012.3)
  105. 廣田雅春,横山昌平,福田直樹,石川博:画像情報を用いない写真の質判定手法の提案,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2012)(2012.3)
  106. 廣田 雅春,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:“画像共有サイトに対する画像検索結果提示システムの開発”, 第4回楽天研究開発シンポジウム, (2011.11)
  107. 新田 淳,石川 博:インメモリDBへの適用に向けた実用的なロックフリーハッシュテーブル,第153回データベースシステム研究発表会(2011.11)
  108. 原木 司, 横山 昌平, 福田 直樹, 石川 博:写真への付与を目的とした移動情報タグの自動生成システムの提案,第20回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(2011.9)
  109. 廣田 雅春,福田 直樹,横山 昌平,石川 博:画像検索結果のクラスタリングを目的とした類似画像からのメタデータ推定手法の検討,人工知能と知識処理研究会(AI2011-5) (2011.5)
  110. 江田 政聡, 中根 傑, 横山 昌平, 福田 直樹, 峰野 博史, 石川 博:センサルームにおける赤外線センサを用いた人の移動・在席状況の推定と利用(DEIMフォーラム2011)(2011.3)
  111. 坂本 翼, 横山 昌平, 福田 直樹, 石川 博:マイクロブログを対象としたリアルタイムな要約生成システムの試作(DEIMフォーラム2011)(2011.3)
  112. 原木 司, 横山 昌平, 福田 直樹, 石川 博:GPSログとWeb情報を用いた移動情報タグの生成(DEIMフォーラム2011)(2011.3)
  113. 武藤 教宏, 横山 昌平, 福田 直樹, 石川 博:GPGPUに適したXMLインデクス生成とキーワード検索手法(DEIMフォーラム2011)(2011.3)
  114. 廣田 雅春,福田 直樹,横山 昌平,石川 博: ウェブ上の類似画像を用いたメタデータの推定と画像検索結果提示への適用,電子情報通信学会 2011年総合大会(2011.3)
  115. 青島 傳隼,福田 直樹,横山 昌平,石川 博: 文脈を考慮したリアルタイムなツイート繋がり抽出・提示システムの試作,第3回楽天研究開発シンポジウム(2010.12)
  116. 岡本 章裕,横山 昌平,川島 英之,天笠 俊之,的野 晃整,石川 博,北川 博之,小島 功:衛星画像とWeb情報の統合的な利活用手法の提案,電子情報通信学会データ工学研究会(DE2010-31)(2010.12)
  117. 廣田 雅春,青島 傳隼,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: 知の構造化と発信を助ける可視化技術 ,ポスター・デモ(DBS推薦),WebDB Forum 2010(2010.11)
  118. 横山昌平,石川博, “Mashup on The Tiled Display Wall ? オンデマンド・フォトモザイク生成におけるWeb技術を用いた並列処理手法”, 電子情報通信学会 HCG 第18回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (2010.9)
  119. 中根 傑,横山 昌平,福田 直樹,峰野博史,石川 博:Tiled Displayを用いた大規模センシングデータの可視化システム,電子情報通信学会データ工学研究会(DE2010-8)(2010.6)
  120. 青島 傳隼,福田 直樹,横山 昌平,石川 博:ブログ分析のための制約付きクラスタリングシステムの実装,口頭発表,情報処理学会創立50周年記念全国大会(2010.3)
  121. 廣田 雅春,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:撮影状況メタデータと画像提示特徴量を用いた画像検索結果提示システムの実装,口頭発表,情報処理学会創立50周年記念全国大会(2010.3)
  122. 青島 傳隼,福田 直樹,横山 昌平,石川 博:マイクロブログを対象とした制約付きクラスタリングの実現,口頭発表・インタラクティブ,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  123. 江田 政聡,中根 傑,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:省エネルギー化を目指したセンサデータマイニング手法の検討,口頭発表・インタラクティブ,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  124. 中根 傑,江田 政聡,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:センサネットワークにおける大規模な可視化システムの開発,口頭発表・インタラクティブ,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  125. 廣田 雅春,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:撮影状況メタデータを用いた制約付きクラスタリングによる画像検索結果提示手法の検討と評価,口頭発表,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  126. 岡本 章裕,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:Wikipediaを用いた衛星画像検索システムの開発,口頭発表・インタラクティブ,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  127. 原崎 真奈美,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:実データとユーザ定義クエリセットに基づくスケーラブルなXMLベンチマーク文書生成手法,口頭発表・インタラクティブ,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  128. Cheikh bedy mohamed, Yokoyama Shohei, Fukuta Naoki, Ishikawa Hiroshi, Chbeir Richard:Improving the Path Comparison Method for Computing the Structural Similarity between XML Documents, 口頭発表,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  129. 島崎 祐輔,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:機械学習を利用した質問応答型検索システムの自動構築機構の実装,口頭発表,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  130. 村松 亮介,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:検索クエリ分類モデルに基づく多視点クラスタリング検索エンジンの評価,口頭発表,第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2010)(2010.3)
  131. 廣田 雅春,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:撮影状況メタデータと画像低次特徴量を用いた画像検索結果低次手法の検討,口頭発表・インタラクティブ,電子情報通信学会,人工知能と知識処理研究会(2010.1)
  132. 島崎 祐輔,横山 昌平,福田 直樹,石川 博:Web質問応答型検索システムの自動構築機構の試作,口頭発表,情報学ワークショップ2009(WiNF2009)(2009.11)
  133. シェハベディモハメド,横山 昌平,福田 直樹,石川 博,リチャードシュベール:XML文書の構造的類似性算出の新手法について,口頭発表,情報学ワークショップ2009(WiNF2009)(2009.11)
  134. 村松 亮介,島崎 祐輔,青島 傳隼,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: 次世代検索サービスのための多様性解決・表現に関する研究,ポスター・デモ(DBS推薦),WebDB Forum 2009(2009.11)
  135. 青島 傳隼,福田 直樹,横山 昌平,石川 博: マイクロブログを対象とした制約付きクラスタリングシステムの試作,ポスターセッション,楽天研究開発シンポジウム2009(2009.11)
  136. 岡本 章裕,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: 地球科学への応用に向けたWikipedia上の時空間データ抽出と可視化,電子情報通信学会データ工学研究会(DE2009-17)(2009.9)
  137. 村松 亮介,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: 多視点融合型クラスタリング検索エンジンの開発と評価について, 第148回 データベースシステム・第95回 情報学基礎 合同研究発表会(2009.7)
  138. 青島 傳隼,戸田 智子,福田 直樹,横山 昌平,石川 博: 多様な視点からのブログ記事マイニングへの制約付きクラスタリングの適用, 第148回 データベースシステム・第95回 情報学基礎 合同研究発表会(2009.7)
  139. 島崎 祐輔,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: 特定用途向け簡易Web検索システムの自動構築に向けて, 電子情報通信学会 2009年総合大会(2009.3)
  140. 原崎 真奈美,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: ベンチマークのための実データを利用したスケーラブルなXMLデータ生成器の提案,口頭発表・インタラクティブ, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009)(2009.3)
  141. 戸田 智子,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: 局所性を用いた多様性を考慮したブログからのトピック抽出手法について,口頭発表, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009)(2009.3)
  142. 黒田 晋矢,岡本 章裕,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: センサデータを利用したフリーアドレスオフィス環境における省電力化のための人物誘導システムの試作,インタラクティブ, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009)(2009.3)
  143. 鎌田 基之,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: ブログ閲覧者の持つ多様な目的を考慮したブログ記事分類手法,インタラクティブ, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009)(2009.3)
  144. 黒井 星良,岡本 章裕,横山 昌平,福田 直樹,石川博: Web技術を利用した効果的な災害前後の衛星画像検索・閲覧基盤の開発,口頭発表・インタラクティブ, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009)(2009.3)
  145. 岡本 章裕,黒井 星良,横山 昌平,福田 直樹,石川博: Wikipediaを対象とした地理情報と時間情報の抽出手法の提案,口頭発表・インタラクティブ, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009)(2009.3)
  146. 戸田 智子, 村松 亮介, 鎌田 基之, 横山 昌平, 福田 直樹, 石川 博: 多様性を考慮したWeb・ブログマイニングの研究,ポスター・デモ(DBS推薦),WebDB Forum 2008(2008.12)
  147. 黒田 晋矢,岡本 章裕,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: センサネットワークを利用した省電力化のための人物誘導,第146回データベースシステム研究発表会(iDBフォーラム2008)(2008.9)
  148. 村松 亮介,横山 昌平,福田 直樹,石川 博: 単語の特徴量を考慮した検索結果クラスタに関する多視点融合型スニペットの構築,第146回データベースシステム研究発表会(iDBフォーラム2008)(2008.9)
  149. 能美 礼,大野 成義,石川 博: 色情報を利用したWebページ検索手法について,第146回データベースシステム研究発表会(iDBフォーラム2008)(2008.9)
  150. 島崎 祐輔,福田 直樹,石川 博: 検索エンジンを用いた英語論文読解支援システムの構築 -Ajax技術を活用したWebアプリケーションによる支援-,電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2008. 3)
  151. 磯部 亮介,福田 直樹,石川 博: XMLデータにおける異種特徴量集約手法の検討,電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2008. 3)
  152. 戸田 智子,黒田 晋矢,福田 直樹,石川 博: ブログにおける多視点からのトピック抽出手法の提案,電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2008. 3)
  153. 鎌田 基之,福田 直樹,石川 博: ブログ読者と著者のための目的別ブログ記事分類手法の検討,電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2008. 3)
  154. 村松 亮介,福田 直樹,石川 博: 分類階層を利用した検索エンジンの結果の構造化とその提示方法の改良,電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2008. 3)
  155. 羽田 哲也,大野 成義,寺町 康昌,石川 博: 重み付き拡大アンカーテキストを利用したフォーカストクローラについて,電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2008. 3)
  156. 戸田智子,鎌田基之,黒田晋矢,福田直樹,石川博,ブログマイナーの開発,ポスター(DBS推薦),DBWeb2007(2007.11).
  157. 武川 肇,福田 直樹,石川 博: インクリメンタルに更新可能なXPushマシンの性能向上と応用に関する考察,夏のデータベースワークショップ2007(ISSN 0913-5685) (2007. 7)
  158. 羽田 哲也,大野 成義,寺町 康昌,石川 博: 重み付き拡大アンカーテキストを用いたフォーカスドクローラーの開発,夏のデータベースワークショップ2007(ISSN 0913-5685) (2007. 7)
  159. 戸田 智子,鎌田 基之,黒田 晋矢,福田 直樹,石川 博: ブログ記事からのトピック別評判情報変遷パタンの抽出手法について,夏のデータベースワークショップ2007(ISSN 0913-5685) (2007. 7)
  160. 鎌田 基之,戸田 智子,黒田 晋矢,福田 直樹,石川 博: トラックバックコミュニティにおける特徴的なブログ記事集合の抽出について,夏のデータベースワークショップ2007(ISSN 0913-5685) (2007. 7)
  161. 黒田 晋矢,福田 直樹,石川 博: Blog空間探索のためのBlogデータベースの設計,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2007. 3)
  162. 戸田 智子,福田 直樹,石川 博: Blog記事のクラスタリングに基づいたカテゴリ別話題変遷パタンの抽出,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2007. 3)
  163. 鎌田 基之,福田 直樹,石川 博: TrackBackと特徴語に基づくBlogクローリングとBlog記事の推薦,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2007. 3)
  164. 神林 真実,福田 直樹,石川 博: Blog空間における拡大アンカーテキストと明示的リンク解析に基づくクラスタリング手法,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2007. 3)
  165. 大野 成義,太田 学,片山 薫,石川 博: 特徴間の類似性を考慮した特長量集約手法,電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2007. 3)
  166. 武川 肇 片山 薫 石川 博: インクリメンタルに更新可能なXPushマシンにおけるフィルタ交換のコスト削減, 情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告, Vol.2006, No.59, pp. 107-111(2006.5).
  167. 長屋 未来, 片山 薫, 石川 博:大規模グラフを対象とした部分グラフ同型判定におけるInterlace定理の利用,電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2006.3).
  168. 布施 貴義, 片山 薫, 石川 博:大量グラフ集合からのある部分グラフを含むグラフの効率的な検索手法の提案,電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2006.3).
  169. 永井 貴博, 片山 薫, 石川 博: 区間木を用いた固有値に基づくグラフのインデクシング手法, 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2006.3).
  170. 塩谷 康夫, 片山 薫, 石川 博: P2Pにおける分散ハッシュテーブルを用いた静的負荷分散方式, 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2006.3).
  171. 西村 将太郎, 片山 薫, 石川 博: 冗長性を持たせたグラフ分解による部分グラフ検索手法の提案と評価, 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ(ISSN 1347-4413) (2006.3).
研究会
  1. 後藤 康路, 山田 竜平, 山本 幸生, 横山 昌平, 石川 博: 波形の類似性を考慮した大規模月地震データの可視化システムの実装”, 日本地球惑星科学連合大会, セッションP-PS23月の科学と探査, 千葉県・幕張メッセ, 2013.05.23.
その他
  1. Seminar on XML,Web and related technology at LE2I, Bourgogne University, 2008
  2. Social media analytics in the age of big data, Hiroshi Ishikawa, フランスポー大学(UPPA)学内講演会【招待講演】
  3. Social big data mining: concepts and use cases toward analytic algebra, Hiroshi Ishikawa, IFIP Intl. Conf. on Artificial Intelligence Applications and Innovations (2015) 【基調講演】
  4. Social big data mining: Hypothesis in the era of social big data,Hiroshi Ishikawa, International Joint Symposium on ICT & Robot Informatics (2015) 【招待講演】
  5. ビッグデータ時代におけるデータ管理とデータ分析の統一理論の構築に向けて,石川博,京都大学社会情報学専攻 (2016.2)【特別講演】
  6. Social big data mining: concepts, techniques and use cases toward unified theory for data analytics and management, Hiroshi Ishikawa, ICTIR 2016 (2016.3) 【基調講演】
現在関連している国際的活動
H-index
新聞掲載
  • 「ツイッターを活用した口コミ分析の研究」が静岡新聞・中日新聞・日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞の各紙で紹介されました (2011年 11月,12月)
学会における主な活動
  • 情報処理学会会員、電子情報通信学会会員、ACM会員、IEEE会員,日本データベース学会会員
  • 情報処理学会データベースシステム研究会主査
  • 情報処理学会論文誌(データベース)編集委員会共同編集委員長
  • ACM Sigmod 日本支部評議員
  • 日本データベース学会理事

(以下歴任)

  • 情報処理学会学会誌編集委員会WG主査
  • 情報処理学会データベースシステム研究会幹事
  • 情報処理学会論文誌(データベース)編集委員
  • 電子情報通信学会データ工学研究会専門委員
  • Intl. Journal Very Large Data Bases Editorial Board
取得特許
  1. 特許1370334 リレーシヨナル・モデルにおけるジヨイン演算処理方式
  2. 特許1435890 集合演算装置
  3. 特許1448080 コリレーシヨン演算実行処理方式
  4. 特許1873520 知識処理システム
  5. 特許2015636 履歴データ管理装置
  6. 特許2674647 図形処理システム
  7. 特許2675410 図形処理方式
  8. 特許2692744 データベースへの問い合わせの解析方式
  9. 特許2718427 大規模知識ベースにおけるデータアクセス方式
表彰(本人)
平成6年5月20日情報処理学会 坂井記念特別賞受賞
平成8年11月1日関東地方発明表彰 発明奨励賞受賞
平成9年4月16日科学技術庁長官賞 (研究功績者)受賞
平成18年10月8日IADIS International Conference WWW/Internet 2006 Outstanding Paper Award受賞
平成22年3月9日情報処理学会 フェローに認証された
平成22年9月15日電子情報通信学会 フェローの称号を贈呈された
平成27年9月7日International Workshop on Informatics 高度情報学賞受賞
平成29年4月25日The Ninth International Conferences on
Advances in Multimedia (MMEDIA2017) Best Papers 受賞
表彰(指導学生)
  • 平成14年5月 電子情報通信学会 第13回データ工学ワークショップ
    • 優秀プレゼンテーション賞
      XMLパーサを考慮した応用向き関係データベース構成法
      横山 昌平,太田 学,片山 薫,石川 博
  • 平成15年5月 電子情報通信学会 第14回データ工学ワークショップ
    • 優秀プレゼンテーション賞
      Web文書検索のための非排他的クラスタリング手法の提案
      成田宏和,太田学,片山薫,石川博
  • 平成17年7月 情報処理学会データベースシステム研究会
    • (夏のデータベースワークショップ)学生発表奨励賞
      創発的XMLの提案
      石川 博,片山 薫,高橋俊介,長屋未来,布施貴義,横山昌平
  • 平成20年9月第146回データベースシステム研究発表会(iDBフォーラム2008)
    • 学生奨励賞
      単語の特徴量を考慮した検索結果クラスタに関する多視点融合型スニペットの構築
      村松 亮介,横山 昌平,福田 直樹,石川 博
  • 平成21年11月 楽天研究開発シンポジウム2009
    • ポスター賞
      マイクロブログを対象とした制約付きクラスタリングシステムの試作
      青島 傳隼,福田 直樹,横山 昌平,石川 博
  • 平成24年3月 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2012)
    • 優秀インタラクティブ賞
      ジオタグ付き写真を用いたランドマークの多視点再現システム
      白井 元浩,廣田雅春,横山 昌平,福田 直樹,石川 博
  • 平成25年3月 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013)
    • 学生プレゼンテーション賞
      GPUを用いたグラフデータ分割手法
      武藤教宏,廣田雅春,横山昌平,石川 博
  • 平成26年3月 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2014(DEIM2014)
    • 最優秀インタラクティブ賞
      Flickrは海岸線を描けるか?
      大森 雅己,廣田 雅春,石川 博,横山 昌平
  • 平成26年3月 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2014(DEIM2014)
    • 学生プレゼンテーション賞
      ジオタグ付き写真を用いた土地被覆の分析と可視化
      大羽洋隆, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平
  • 平成27年3月 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2015(DEIM2015)
    • 学生プレゼンテーション賞
      災害時の密集地からの避難行動による混雑場所の可視化システムの提案
      菅野 真生, 遠藤 雅樹, 廣田 雅春, 横山 昌平, 石川 博
  • 平成27年6月 ARG 第6回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(Wi2)
    • 萌芽研究賞
      ソーシャルメディア上に投影された情報の偏在性及び遍在性の可視化
      遠山由自, 廣田雅春, 石川博, 横山昌平
  • 平成27年9月 第14回情報科学技術フォーラム(FIT2015)
    • FIT奨励賞
      マイクロブログを用いた生物季節観測によるピーク期推定手法の検討
      遠藤雅樹, 廣田雅春, 大野成義, 石川博
  • 平成27年11月 第162回データベースシステム研究発表会
    • 学生奨励賞
      日本での滞在期間による長期滞在外国人の東京での訪問先の差異の分析
      佐伯圭介, 遠藤雅樹, 江原遥, 廣田雅春, 横山昌平, 石川博
  • 平成28年3月 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2016(DEIM2016)
    • 学生プレゼンテーション賞
      外国人にアクセシブルなFreeWiFiがない観光スポットの発見
      三富恵佑,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博
  • 平成28年3月 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2016(DEIM2016)
    • 学生プレゼンテーション賞
      月震分類に適した機械学習手法の検討
      菊池栞,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博
  • 平成28年8月 International Workshop on Informatics (IWIN2016)
    • IWIN2016 Best Presentation Award
      On Best Time Estimation Method for Phenological Observations using Geotagged Tweets
      Masaki Endo, Yoshiyuki Shoji, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa
  • 平成29年3月 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2017(DEIM2017)
    • 学生プレゼンテーション賞
      マイクロブログの極性の差に着目した期待を裏切るスポットの発見
      豊島美穂,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博
  • 平成29年3月 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2017(DEIM2017)
    • 学生プレゼンテーション賞
      ジオタグ付き写真の撮影順序に着目した関心領域と撮影スポットの発見
      高木有人,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,横山昌平,石川博
  • 平成29年3月 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2017(DEIM2017)
    • 学生プレゼンテーション賞
      アナロジーによる飲食店メニューの国際的な表記方式の提案とその自動生成
      信本健輔,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博
  • 平成29年4月 The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia(MMEDIA2017)
    • Best Papers
      Measurement-based Cost Estimation Method of a Join Operation for an In-Memory Database
      Tsuyoshi Tanaka, Hiroshi Ishikawa
  • 平成29年6月 DBSJ Journal Vol.15-J
    • 日本データベース学会論文賞
      道路ネットワーク分析を用いた災害時における避難リスクの高い経路の可視化
      菅野真生,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博
  • 平成29年8月 9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities
    • Cookpad Student Paper Award
      Multilingualization of Restaurant Menu by Analogical Description
      Kensuke Nobumoto, Daiju Kato, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa
  • 平成29年9月 International Workshop on Informatics 2017
    • IWIN2017 Best Presentation Award
      Best-time estimation method by region and tourist spot using information interpolation
      Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa
  • 平成30年3月 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2018(DEIM2018)
    • 学生プレゼンテーション賞
      ジオタグ付き写真を用いたユーザの属性による撮影対象物の差異の分析
      藤井慎太郎,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博
  • 平成30年9月 the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18)
    • MEDES2018 Best Special Track paper
      Scale-free Dynamics of Human Behavior in Personal Computer Operations
      Masashi Egi, Hiroshi Ishikawa
博士号主査(東京都立大学)
  • 大野 成義(検索エンジンにおける情報融合と情報集約の方法についての研究, 2006)
  • Erwan Loisant(Classification-Based Browsing for Image Databases, 2006)
  • 山根 康男(マルチメディアデータベースのための効率的かつ高精度な検索方式の研究, 2006)
  • 横山 昌平(関係データベースを利用したXML文書の多様性管理手法, 2006)
博士号主査(静岡大学)
  • 土田 正士 (拡張可能型データベース管理システムの研究開発, 2011)