研究実績

icon-exclamation-circle こちらに掲載されているのは研究室メンバが主たる貢献をした研究業績になります。完全なリストはこちらになります。

2018年度

国際会議論文

  1. Towards Construction of an Explanation Framework for Whole Processes of Data Analysis Applications: Concepts and Use Cases, Hiroshi Ishikawa, Yukio Yamamoto, Masaharu Hirota, Masaki Endo, The Eleventh International Conference on Advances in Multimedia MMEDIA 2019 (Special tracks:SBDMM: Social Big Data in Multimedia), 2019.3
  2. Identifying Obscure Venues Using Classification of User Reviews: Masaharu Hirota, Masaki Endo, Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2019), 2019.3
  3. Regional Analysis Based on Location Information and Time Series Change Using Geotagged Tweets: Masaki Endo, Shigeyoshi Ohno, Masaharu Hirota, Tetsuya Araki, Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2019), 2019.3
  4. Analysis of Tourists Behavior Using by Instagram Hashtags: Daiju Kato, Masaharu Hirota, Mitsuyoshi Nagao, Mitsuo Yoshida, Hiroshi Ishikawaaiju Kato, Masaharu Hirota, Mitsuyoshi Nagao, Mitsuo Yoshida, Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2019), 2019.3
  5. Analysis of Rarely Known Tourist Attractionsby Geo-taggedPhotographs: Jhih-Yu Lin, Shu-Mei Wen, Masaharu Hirota, Tetsuya Araki, Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2019), 2019.3
  6. Apollo Seismic Data Analysis in Python: ObsPy module and response function: Y. Yamamoto, R. Yamada, Y. Ishihara, Y. Nakamura, and H. Ishikawa, 50th Lunar and Planetary Science Conference in The Woodlands, Texas, 2019.3
  7. A Proposal for Discovering Hotspots using 3D Coordinates from Geo-tagged Photographs: Masaharu Hirota, Masaki Endo, Hiroshi Ishikawa, The Eleventh International Conference on Advanced Geographic Information Systems, Applications, and Services (GEOProcessing 2019), 2019.2
  8. Analysis of the Difference of Movement Trajectory by Residents and Tourists using Geotagged Tweet: Shintaro Fujii, Masaharu Hirota, Daiju Kato, Tetsuya Araki, Masaki Endo, Hiroshi Ishikawa, The Eleventh International Conference on Advanced Geographic Information Systems, Applications, and Services (GEOProcessing 2019),  2019.2
  9. Adaptive Method for Trends in Ranking of Tourist Spots: Yusaku Takano, Masaharu Hirota, Daiju Kato, Tetsuya Araki, Masaki Endo, Hiroshi Ishikawa, The Eleventh International Conference on Information, Process, and Knowledge Management (eKNOW 2019), 2019.2
  10. Evaluation on Applicability of Measurement-Based Join Cost Calculation Method Using Different Generation CPUs, Tsuyoshi Tanaka, Hiroshi Ishikawa, The 18th IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT-2018) pp. 1894-1901 (2018)
  11. Visualization of skills and techniques using big data analysis in vocational skill development: Masaki Endo, Takuo Kikuchi, Shigeyoshi Ohno, Makoto Imamura, Hiroshi Ishikawa, International Workshop on Informatics 2018 (IWIN2018), 2018.09
  12. Generalized Difference Method for Generating Integrated Hypotheses in Social Big Data (Invited paper), Hiroshi Ishikawa, Daiju Kato, Endo Masaki, Masaharu Hirota, the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18), 2018.09
  13. Scale-free Dynamics of Human Behavior in Personal Computer Operations, Masashi Egi, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18), 2018.09
  14. Accelerating Analysis of Frequently Gathered Data with Continuous Density Based Clustering, Yasushi Miyata, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18), 2018.09
  15. Predicting User Gender on Social Media Sites Using Geographical Information, Rio Miura, Masaharu Hirota, Daiju Kato, Tetsuya Araki, Masaki Endo, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18), 2018.09
  16. Where Is the Memorable Travel Destinations?, Miho Toyoshima, Masaharu Hirota, Daiju Kato, Tetsuya Araki, Hiroshi Ishikawa, the 10th International Conference on Social Informatics (SocInfo 2018), 2018.09

学術論文

  1. Twitterデータを活用した訪日外国人の観光行動分析の実現について, 加藤大受、石川博, 一般社団法人システム制御情報学会 論文誌 2019年1月号(第63巻 第1号)
  2. アナロジーによる料理の国際的な表記方式の提案, 信本健輔, 廣田雅春, 加藤大受, 石川博, 日本知能情報ファジィ学会誌2019年31巻1号 pp. 526-533
  3. かぐやDEMを用いた, 機械学習による中央丘クレーター識別, 原聡志, 山本幸生,  荒木徹也, 廣田雅春, 石川博, 宇宙科学情報解析論文誌 第八号 pp. 1-10 (2019.3)
  4. Best-time Estimation Method using Information Interpolation for Sightseeing Spots, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, Internetional Journal of Informatics Society (IJIS) Vol.10, No 2, pp.97-105, 2018.9

口頭発表

  1. 月周回衛星かぐや(SELENE)搭載ハイビジョンカメラのデータアーカイブ〜科学データとメディアの融合〜: 山本幸生, 本田理恵, 大嶽久志, 海老沢研, 石川博, デジタルアーカイブ学会第3回研究大会 (2019.3)
  2. 機械学習を用いた振動解析による自動車の異常振動検知:  橋本渉, 廣田雅春, 山本幸生, 恵木正史, 山村洋市, 栗脇悠一, 荒木徹也, 石川博, 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019) (2019.3)
  3. SVMを用いた自動車のキズ検知に有効な圧電センサ特徴量の検討: 宮坂和希, 廣田雅春, 山本幸生, 恵木正史, 山村洋市, 栗脇悠一, 荒木徹也, 石川博, 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019) (2019.3)
  4. カーシェアリングデータを用いた利用者の訪問地の分析: 福島秀敏, 廣田雅春, 荒木徹也, 遠藤雅樹, 石川博, 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019) (2019.3)
  5. 深層学習を用いた中央丘クレーター自動抽出: 原聡志, 井上博夏, 山本光生, 山本幸生, 大竹真紀子, 大嶽久志, 荒木徹也, 廣田雅春, 石川博, 2018年度宇宙科学情報解析シンポジウム (2019. 2)
  6. 月極域探査における探査機の走行経路を考慮した着陸地点の選定手法: 中島康平, 井上博夏, 山本光生, 山本幸生, 大嶽久志, 荒木徹也, 廣田雅春, 石川博, 2018年度宇宙科学情報解析シンポジウム (2019.2)
  7. 機械学習による月面DEMの高解像化: 小野寺康祐,井上博夏,山本光生,山本幸生,大嶽久志,荒木徹也,廣田雅春,石川博:2018年度宇宙科学情報解析シンポジウム (2019.2)
  8. ⽉極域探査における着陸誤差に対してロバストな着陸地点選定⼿法: 中島 康平, 井上 博夏, ⼭本 光⽣, ⼭本 幸⽣, ⼤嶽 久志, 荒⽊ 徹也, 廣⽥ 雅春 , ⽯川 博, 第19回宇宙科学シンポジウム (2019.1)
  9. 深層学習を⽤いた⽉⾯の⾼解像度DEMの⽣成: ⼩野寺 康祐, 井上 博夏, ⼭本 光⽣, ⼭本 幸⽣, ⼤嶽 久志, 荒⽊ 徹也, 廣⽥ 雅春 , ⽯川 博, 第19回宇宙科学シンポジウム (2019.1)
  10. 電力系統特性キャッシュによるリアルタイム系統不安定化予兆分析システムの提案: 宮田康志,桐原健太,石井陽介,  第76回情報システム研究会 (2018.10)
  11. Flickr と Google Cloud Vision API を用いた地域活性化度合いの分析:廣津卓磨,遠藤雅樹,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,石川博,第15回観光情報学会 全国大会 (2018.6,7)
  12. 口コミサイトにおける有益なレビューの特徴の分析:光井孝志,廣田雅春,加藤大受,遠藤雅樹,荒木徹也,石川博,第15回観光情報学会 全国大会 (2018.6,7)

表彰

  • 平成30年9月 the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’18)
    • MEDES2018 Best Special Track paper
      Scale-free Dynamics of Human Behavior in Personal Computer Operations
      Masashi Egi, Hiroshi Ishikawa

2017年度

国際会議論文

  1. Utilization of Information Interpolation using Geotagged Tweets, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa, ACM IUI 2018 Workshop User Interfaces for Spatial and Temporal Data Analysis (UISTDA2018) , 2018.3
  2. Strategy of Planetary Data Archives in Japanese Missions for Planetary Data System,  Y. Yamamoto, Y. Ishihara and S. Murakami, AGU FALL MEETING, 2017.12
  3. Analyzing Relationship of Words Using Biased LexRank from Geotagged Tweets, Takahito Tsuchida, Daiju Kato, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Tetsuya Araki and Hiroshi Ishikawa, the 9th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’17), 2017.11
  4. Analyzing Travel Behavior Using Multi-label Classification From Twitter, Kazuki Takahashi, Daiju Kato, Masaki Endo, Tetsuya Araki, Masaharu Hirota and Hiroshi Ishikawa, the 9th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES’17), 2017.11
  5. Best-time estimation method by region and tourist spot using information interpolation, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, International Workshop on Informatics 2017 (IWIN2017), 2017.9
  6. Information interpolation method in analysis using geotagged tweets, Masaki Endo, Symposium on Advanced Information Systems (SAIS2017) , 2017.9
  7. The partial sum dispersion problem on the line, Toshihiro Akagi, Tetsuya Araki, Shin-Ichi Nakano, Hiroshi Ishikawa, the 20th Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games(JCDCG^3 2017), 2017.8
  8. Multilingualization of Restaurant Menu by Analogical Description, Kensuke Nobumoto, Daiju Kato, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa, 9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities(CEA2017), 2017.8
  9. Publication of SELENE Data Compliant with PDS3, Y. Yamamoto and Y. Ishihara,  3rd Planetary Data Workshop, 2017.6
  10. A Data Model for Integrating Data Management and Data Mining in Social Big Data, Hiroshi Ishikawa, Richard Chbeir, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia(MMEDIA 2017), 2017.4
  11. Examination of Best-time Estimation Using Interpolation for Geotagged Tweets, Masaki Endo, Shigeyoshi Ohno, Masaharu Hirota, Yoshiyuki Shoji, Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2017), 2017.4
  12. Classification of Unlabeled Deep Moonquakes Using Machine Learning, Shiori Kikuchi, Ryuhei Yamada, Yukio Yamamoto, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2017), 2017.4
  13. Analysis of Spatial and Temporal Features to Classify the Deep Moonquake Sources Using Balanced Random Forest, Kodai Kato, Ryuhei Yamada, Yukio Yamamoto, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2017), 2017.4
  14. Measurement-based Cost Estimation Method of a Join Operation for an In-Memory Database, Tsuyoshi Tanaka and Hiroshi Ishikawa, The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2017), 2017.4

学術論文

  1. 惑星の位置関係に基づく深発月震分類のための特徴量の検討,加藤広大,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,Journal of Space Science Informatics Japan, Vol.7,  pp.43-52, 2018
  2. 「はやぶさ2」地球スイングバイに係る見かけの等級の変化推定,三浦 昭,山本 幸生,吉川 真,Journal of Space Science Informatics Japan, Vol.7,  pp.53-62, 2018
  3. Examination of Best-time Estimation for Each Tourist Spots by Interlinking using Geotagged Tweets, Masaki Endo, Shigeyoshi Ohno, Masaharu Hirota, Daiju Kato, Hiroshi Ishikawa, Internetional Journal on Advanced in Systems and Measurements (IARIA)  Vol.10, No.3&4, pp.163-173, 2018.1
  4. Measurement-based Cost Estimation Method for Multi-Table Join Operation in an In-Memory Database, Tsuyoshi Tanaka and Hiroshi Ishikawa, International Journal on Advances in Software, ISSN 1942-2628, Vol.10, No.3&4, pp.459–476, 2017
  5. Best-time Estimation for Regions and Tourist Spots using Phenological Observations with Geotagged Tweets, Masaki Endo, Yoshiyuki Shoji, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, Internetional Journal of Infomatics Society (IJIS)  Vol.9, No.3, pp.109-117, 2017.12
  6. 道路ネットワーク分析を用いた災害時における避難リスクの高い経路の可視化,菅野真生,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,DBSJ Journal Vol.15-J, 2017.6

口頭発表

  1. SNS データを活用した訪日外国人の観光情報分析サービスの提供:加藤大受、荒木徹也、廣田雅春、石川博,サービス学会第6回国内大会 (2018.3)
  2. ソーシャルビッグデータを利用したホットスポットの分析:廣田雅春,遠藤雅樹,加藤大受,石川博,サービス学会第6回国内大会 (2018.3)
  3. マイクロブログのジオタグを用いた訪問地の違いに着目したユーザ性別推定手法の提案:三浦理緒,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  4. ジオタグ付き写真を用いたユーザの属性による撮影対象物の差異の分析:藤井慎太郎,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  5. トピックを用いた地域ごとの言語による反応の差異の分析:光井孝志,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  6. 不連続なセッションで構成されたウェブアクセスログデータを用いたコンテンツ間の関連性の分析:鈴木亮平,伊藤雅博,廣田雅春,荒木徹也,石川博,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  7. ソーシャルビッグデータを活用した観光行動分析の実証実験:荒木徹也,加藤大受,吉田千鶴,廣田雅春,遠藤雅樹,石川博,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018)(2018.3)
  8. かぐやDEMを用いた, 機械学習による中央丘クレーター識別:原聡志,山本幸生,荒木徹也,廣田雅春,石川博, 平成29年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2018.2)
  9. 外国人旅行者のTwitterへの投稿を用いた期待を裏切るスポットの発見:豊島美穂,石川博,荒木徹也,廣田雅春,遠藤雅樹,加藤大受,第14回観光情報学会 全国大会 (2017.7)
  10. 情報補間を用いた観光スポット別の見頃推定手法の検討:遠藤雅樹,荒木徹也,廣田雅春,大野成義,石川博,第14回観光情報学会 全国大会 (2017.7)
  11. 観光地における移動軌跡の曲率分析:高野悠作,石川博,荒木徹也,廣田雅春,遠藤雅樹,加藤大受,第14回観光情報学会 全国大会 (2017.7)

表彰

  • 平成30年3月 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2018(DEIM2018)
    • 学生プレゼンテーション賞
      ジオタグ付き写真を用いたユーザの属性による撮影対象物の差異の分析
      藤井慎太郎,廣田雅春,加藤大受,荒木徹也,遠藤雅樹,石川博
  • 平成29年9月 International Workshop on Informatics 2017
    • IWIN2017 Best Presentation Award
      Best-time estimation method by region and tourist spot using information interpolation
      Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa
  • 平成29年8月 9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities
    • Cookpad Student Paper Award
      Multilingualization of Restaurant Menu by Analogical Description
      Kensuke Nobumoto, Daiju Kato, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Hiroshi Ishikawa
  • 平成29年6月 DBSJ Journal Vol.15-J
    • 日本データベース学会論文賞
      道路ネットワーク分析を用いた災害時における避難リスクの高い経路の可視化
      菅野真生,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博
  • 平成29年4月 The Ninth International Conferences on Advances in Multimedia(MMEDIA2017)
    • Best Paper
      A Data Model for Integrating Data Management and Data Mining in Social Big Data
      Hiroshi Ishikawa, Richard Chbeir
    • Best Paper
      Measurement-based Cost Estimation Method of a Join Operation for an In-Memory Database
      Tsuyoshi Tanaka, Hiroshi Ishikawa

2016年度

国際会議論文

  1. How to find accessible Free Wi-Fi at Tourist Spots in Japan, Keisuke Mitomi, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Yoshiyuki Shoji and Hiroshi Ishikawa, SocInfo 2016,2016.11
  2. Visualizing High-Risk paths using Geo-tagged Social Data for Disaster Mitigation, Masaki Kanno, Yo Ehara, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, and Hiroshi Ishikawa, 9th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Location-Based Social Networks (LBSN ’16),2016.11
  3. On Best Time Estimation Method for Phenological Observations using Geotagged Tweets, Masaki Endo, Yoshiyuki Shoji, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, International Workshop on Informatics (IWIN2016), Riga, Latvia, 2016.08
  4. Inferring Tourist Behavior and Purposes of a Twitter User, Yuya Nozawa, Masaki Endo,Yo Ehara, Masaharu Hirota, Syohei Yokoyama, Hiroshi Ishikawa, Artificial Intelligence for Tourism (AI4Tourism), Phuket Thailand, 2016.08

学術論文

  1. 深発月震源分類に適した機械学習法の研究:菊池栞,加藤広大,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,宇宙科学情報解析論文誌 第六号(2017.3)
  2. SVMによる深発月震分類のための有効な特徴量の分析:加藤広大,菊池栞,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,宇宙科学情報解析論文誌 第六号(2017.3)
  3. ツイート用いた生物季節観測の見頃推定手法による情報提供の検討,遠藤雅樹,三富恵佑,佐伯圭介,江原遥,廣田雅春,大野成義,石川博,観光情報学会誌(2016.5)
  4. 訪問地域における観光情報検索のための形態素N-gramとRIDFを利用した観光キーワードの抽出と分類の検討,遠藤雅樹,近藤拓也,佐伯圭介,廣田雅春,倉田陽平,大野成義,石川博,観光情報学会誌「観光と情報」(2016)

口頭発表

  1. マイクロブログの極性の差に着目した期待を裏切るスポットの発見:豊島美穂,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  2. マイクロブログにおける「聖地巡礼」行動の分析:伊藤貴明,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博:,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  3. 撮影軌跡の曲率による観光スポットの分析:高野悠作,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  4. ジオタグ付き写真の撮影順序に着目した関心領域と撮影スポットの発見:高木有人,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,横山昌平,石川博,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  5. ジオタグ付き写真を用いた意外な写真を撮影できる外れ値的な撮影条件の発見:藤井慎太郎,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  6. 相互再帰的クラスタリングによる場所と来訪者のベクトル表現:三浦理緒,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  7. アナロジーによる飲食店メニューの国際的な表記方式の提案とその自動生成:信本健輔,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017)(2017.3)
  8. Neural Network を用いた深発月震源の推定:菊池栞,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,平成28年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2017.2)
  9. Balanced Random Forest を用いた深発月震分類のための時空間特徴量の分析:加藤広大,山田竜平,山本幸生,廣田雅春,横山昌平,石川博,平成28年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2017.2)
  10. 経由地としての東京 -マイクロブログを用いた旅行者の東京都内での行動分析-:高橋一希,遠藤雅樹,加藤大受,廣田雅春,莊司慶行,石川博,第13回観光情報学会 全国大会 (2016.7)
  11. 位置情報付きツイートを利用した桜の地域別見頃推定結果の比較:遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,横山昌平,大野成義,石川博,第13回観光情報学会 全国大会 (2016.7)
  12. Word2Vec を用いた地域の特性分析:土田崇仁,遠藤雅樹,加藤大受,廣田雅春,莊司慶行,石川博,第13回観光情報学会 全国大会 (2016.7)

表彰

  • 平成29年3月 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2017(DEIM2017)
    • 学生プレゼンテーション賞
      マイクロブログの極性の差に着目した期待を裏切るスポットの発見
      豊島美穂,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博
    • 学生プレゼンテーション賞
      ジオタグ付き写真の撮影順序に着目した関心領域と撮影スポットの発見
      高木有人,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,横山昌平,石川博
    • 学生プレゼンテーション賞
      アナロジーによる飲食店メニューの国際的な表記方式の提案とその自動生成
      信本健輔,加藤大受,遠藤雅樹,莊司慶行,廣田雅春,石川博
  • 平成28年8月 International Workshop on Informatics (IWIN2016)
    • IWIN2016 Best Presentation Award
      On Best Time Estimation Method for Phenological Observations using Geotagged Tweets
      Masaki Endo, Yoshiyuki Shoji, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa

2015年度

口頭発表

  1. マイクロブログを用いたユーザの訪問目的と動向の推定:野沢悠哉,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.2)
  2. 道路ネットワーク分析を用いた災害時における避難リスクの高い経路の可視化:菅野真生,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  3. ジオタグ付き写真の撮影順序を考慮したホットスポットの分析:高木有人,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  4. 外国人にアクセシブルなFreeWiFiがない観光スポットの発見:三富恵佑,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  5. Twitterを用いた駅イベント検出:伊藤貴明,遠藤雅樹,加藤大受,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.2)
  6. マイクロブログユーザの地域による嗜好の違いの分析:高橋一希,加藤大受,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  7. 月震分類に適した機械学習手法の検討:菊池栞,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  8. 既存月震分類の機械学習を用いた妥当性の検証:加藤広大,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博:,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  9. Word2Vecを用いた地域やランドマークの意味演算:土田崇仁,遠藤雅樹,加藤大受,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  10. ジョイン方式選択の精度向上をめざしたデータベース問い合わせ処理におけるCPU処理コスト計算方法の検討とその評価:田中剛,石川博,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016)(2016.3)
  11. これまでの月震分類は正しいのか?〜機械学習の視点から見た妥当性:加藤広大,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博,平成27年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2016.2)
  12. 月震の震源域を推定する機械学習手法の検討:菊池栞,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博,平成27年度宇宙科学情報解析シンポジウム(2016.2)
  13. CPUアーキテクチャを考慮した性能モデルの導入によるデータベース高速化のためのコスト計算精度向上:田中剛,石川博,電子情報通信学会コンピュータシステム研究会,(2016.1)
  14. 公共データ間の関係性抽出のための属性分類手法の提案:近藤拓也,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第162回データベースシステム研究発表会(2015.11)
  15. 日本での滞在期間による長期滞在外国人の東京での訪問先の差異の分析:佐伯圭介,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博,第162回データベースシステム研究発表会(2015.11)
  16. 北陸地方における訪日外国人の訪問先の可視化:佐伯圭介,加藤大受,石川博 ,観光情報学会 第12回全国大会(2015.6)
  17. 位置情報付きツイートを利用した地域ごとのトレンド分析手法の検討:遠藤雅樹,山中光定,廣田雅春,大野成義,石川博,観光情報学会第12回全国大会(2015.6)
  18. Flickrを用いた北陸新幹線開業前後の分析:廣田雅春,遠藤雅樹,倉田陽平,石川博,観光情報学会第12回全国大会(2015.6)
  19. SNS を用いた公共交通機関が及ぼす観光客数変動の分析:三富恵佑,廣田雅春,遠藤雅樹,石川博,観光情報学会第12回全国大会(2015.6)

表彰

  • 平成28年3月 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2016(DEIM2016)
    • 最優秀論文賞
      ジョイン方式選択の精度向上をめざしたデータベース問い合わせ処理におけるCPU処理コスト計算方法の検討とその評価
      田中 剛,石川 博
    • 学生プレゼンテーション賞
      外国人にアクセシブルなFreeWiFiがない観光スポットの発見
      三富恵佑,遠藤雅樹,江原遥,廣田雅春,横山昌平,石川博
    • 学生プレゼンテーション賞
      月震分類に適した機械学習手法の検討
      菊池栞,山田竜平,山本幸生,横山昌平,石川博
  • 平成27年11月 第162回データベースシステム研究発表会
    • 学生奨励賞
      日本での滞在期間による長期滞在外国人の東京での訪問先の差異の分析
      佐伯圭介, 遠藤雅樹, 江原遥, 廣田雅春, 横山昌平, 石川博
  • 平成27年9月 FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム(FIT)
    • FIT奨励賞
      マイクロブログを用いた生物季節観測によるピーク期推定手法の検討
      遠藤雅樹, 廣田雅春, 大野成義, 石川博

2014年度

口頭発表

  1. マイクロブログを用いた英語圏ユーザの日本食に対する印象の分析:三富恵佑, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 倉田陽平, 横山昌平, 石川博, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  2. OpenDataの利活用を推進する地方公共団体のWebサイトからの表データ抽出手法の提案:近藤拓也, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 横山昌平, 石川博, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  3. 外国人Twitterユーザの観光訪問先の属性別分析:佐伯圭介, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 倉田陽平, 横山昌平, 石川博 , 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  4. 災害時の密集地からの避難行動による混雑場所の可視化システムの提案:菅野真生, 遠藤雅樹, 廣田雅春, 横山昌平, 石川博,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  5. 生物季節観測のための位置情報付きマイクロブログの分析手法の検討:遠藤雅樹, 廣田雅春,倉田陽平,横山昌平,大野成義,石川博,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)
  6. ジオタグ付き写真を用いたホットスポットを訪問する前後のユーザ行動の分析:高木有人, 遠藤雅樹,廣田雅春,倉田陽平,横山昌平,石川博,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015)(2015.3)

表彰

  • 平成27年3月 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム2015(DEIM2015)
    • 学生プレゼンテーション賞
      災害時の密集地からの避難行動による混雑場所の可視化システムの提案
      菅野 真生, 遠藤 雅樹, 廣田 雅春, 横山 昌平, 石川 博

2013年度

口頭発表

  1. 位置情報付きツイートのトレンド分析を利用した生物季節観測:遠藤 雅樹,佐伯 圭介,近藤 拓也,大野 成義,石川 博,第160回DBS・第131回OS・第35回EMB合同研究発表会
  2. 特定地域に限定しない観光キーワードの自動抽出:遠藤雅樹,横山昌平, 大野成義, 石川博, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  3. ジオタグ付き写真を用いた写真の撮影方向の推定手法:廣田雅春, 石川博, 横山昌平,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  4. 地方公共団体のオープンデータ化に向けたwebページ間の関係性抽出技法の提案:近藤拓也, 村山敬祐, 杉山いおり, 遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  5. オープンアクセス・ジャーナルの時系列データクラスタリングによる高被引用学術文献推定方法の検討:杉山いおり,遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博 ,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  6. 外国人向け観光プロモーション支援のためのソーシャルメディア分析手法の研究:佐伯 圭介, 村山敬祐, 遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)
  7. マイクロブログマイニングによるイベント時の駅混雑原因の特定と状況の把握:村山敬祐, 佐伯圭介, 遠藤雅樹, 横山昌平, 石川博, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2014)(2014.3)